ホーム WEBメディア戦略

WEBメディア戦略

Amazonプライム、Kindle Unlimitedなど全10種、会員登録リンクの張り方【テキスト・バナー両対応】

【ブロガー保存版】Amazonプライムメンバー紹介は、トラッキングIDを含んだリンクを経由した場合のみ紹介料の支払対象となります。URL、バナーの作成方法を一挙解説します。

SERPOSCOPE、アップデートする方法(Mac版)

検索順位ツール「SERPOSCOPE」でバージョンアップの案内が表示されたけど、どうやってアップデートするの? 手順を解説します。

Twitter、Insragram、YouTube、ブログ ……どう使い分ける? ゆうこす「共感SNS」で納得!

マニア、ライトファン、新規など、フォロワーを5つの階層に分け、SNS戦略を立てる! かわいい装丁に、癒されていてはいけません。キラキラ女子インフルエンサーのゆるふわテクとは真逆。本気のガチテク。バリバリの「戦略SNS」が学べます。

Bing Web マスターツール、SEOレポートは優秀! h1タグの重複やalt属性の抜けなど、エラーを指摘してくれる

SEO対策の基本ができていない記事をビシバシ教えてくれる!「Google Search Console には登録しているけど、Bing Web マスターツールは使っていない」という方はぜひ。

ブログのリード文にはいい型がある。なかじさん提唱のテンプレートで、魅力的な冒頭文ができる!

ライターとして活動する僕でもリード文は毎回苦戦するところなのですが、これを手本にしたところスムーズに書けるようになりました。ウェブで文章を書く方はぜひ。テンプレートに沿って要素を埋めるだけで、魅力的なリード文が完成しますよ!

文字数1,500字で良い記事を書く方法。構成はドラえもん式・問解未動で!

「ブログの文字数を事前に決めたい」「ライターに寄稿してもらう際、文字数を指定したい」。これを目安にするとスムーズです。当てはめるだけなので簡単! 手順に沿えば、すぐに書けるようになるでしょう。

WordPressで外部ライターの寄稿記事を掲載するコツ。新規ユーザー(アカウント)を追加する方法

WordPressは、個人ブログを運営するためだけのツールではありません。複数人の管理者・ライターなどが関わる大規模サイトの運営も可能です。この記事では「寄稿記事を掲載するコツ」をお伝えします。

WordPressでプロフィール画像を表示させたい。プラグインを使った設定手順をわかりやすく解説

プロフィール画像(アバター)を設定するには、少し手間がかかります。デフォルトでは項目が無いからです。ダッシュボード内で完結できるWP User Avatarと、外部ウェブサービスGravatarとの比較についても書きました。

WordPressで公開前の記事を確認してもらいたい。プラグインでプレビューURLを発行しよう(有効期限の設定方法も解説)

インタビュー記事を作ったり、広告案件を請負ったりした場合、公開前に相手に記事内容を確認してもらう必要があります。このとき、スクリーンショットやPDFで送信するのは、双方にとって面倒だし、レイアウトも崩れてしまいます。そこでPublic Post Previewを使えば、一発解決です!

WordPressのURLからカテゴリーのスラッグ(ディレクトリ)を削除し、全記事のカテゴリーを整理する方法

【中・上級者向け】9年間運営してきた雑記ブログのカテゴリーをリニューアルしました! 具体的な手順や使用プラグインなどを全て解説します。

ホケミとは? ホトミ、HCMなどの類語も

ネットでよく見かけるけど、意味や使い方はよくわからない。そんな単語を解説します。今回は「ホケミ」です。

転売ヤーとは。ヤーの意味は?

ネットでよく見かけるけど、意味や使い方はよくわからない。そんな単語を解説します。今回はテレビニュースでも見かけるようになった「転売ヤー」です。

ガーとは? 意味と使い方(安倍ガーなど)

ネットでよく見かけるけど、意味や使い方はよくわからない。そんな単語を解説します。今回は「アベガー」などで使われる「ガー」です。

コロナ禍とは? 読み方と意味

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、2020年3月22日頃からWEBニュースの記事タイトルで「コロナ禍」と表記しているのを見かけるようになりました。コロナ鍋・コロナ渦と間違えないようにご注意を。

中学1年生の女子に、スマホの人気アプリを聞いてみたら……オタク系御用達に衝撃!

中1年生の女の子に、学校のスマホ事情について色々教えてもらいました。「やっぱりな」と思うことがあった反面、「そうなんだ!」と驚かされることも。ごく一部の事例ではありますが、大阪にある某中学1年生のスマホ事情についてお伝えします。