ホーム wordpress

wordpress

記事を修正したのに反映されない。それFacebookのキャッシュなので、シェアデバッガーしよう

Facebookがキャッシュした後に記事を修正すると、しばらくのあいだ修正される前の記事が表示されるのでトラブルの原因になります。イベントの開催日時、お店の営業時間など、間違って伝えてはいけない情報は特に要注意です。

WordPressでAdSenseのショートコードを作って、記事内の好きな位置に配置する方法

Googleの自動広告の「記事内広告」を有効にすると、文章をぶった切って広告を差し込んでくるので、非常に読みづらくなります。自動より手動派の方にお届けします。

WordPressで、h2タグの上にAdSense広告を設置する方法

ファーストビューからAdSenseを外したら、PageSpeed Insightsが5〜10点ほど上がりました。プラグインを使わないカスタマイズ方法をお伝えします。

ミタリュウ式、SEO対策・AdSense収益アップの記事の書き方

ブログ・サイトのアクセス数を伸ばしたい方は必見! 有益な情報を次々とツイートするミタリュウさんの情報は見逃せません。

WordPressのアバターを、GravatarからプラグインWP User Avatarへ変更。PageSpeed Insightsの評価アップ

プロフィール画像を表示するGravatarは、ブラウザのキャッシュを活用できない。他の方法を考えてみました。

ロリポップで運営のWordPressサイトを、httpからhttps(SSL化)に無料で移行しました

今朝、Google Serch Consoleから「サイトをSSL化(暗号化)しなさい」という警告メールが届きました。早速作業完了! URLをhttpsに移行する手順をお伝えします。

WordPress 4.8アップデート、記事投稿画面「Failed to load content css」エラーの原因と対策

エラーが表示される方は、別のブラウザでログインしてみてください。テーマ由来のエラーで、サーバーのPHPのバージョンも関係してそうです。

ペンギンもパンダも関係無い! Googleの検索順位を上げる公式説明書、SEOスターターガイドを読もう

Googleの検索結果で、あなたのウェブサイトや記事を上位表示させるためには一体どうすれば良いのか? テクニックよりも基本が大切。

Googleからの警告と解決までの顛末。AdSenseプログラム ポリシー遵守のため対応が必要な状態です

タイムリミットは72時間。3度の修正で、ようやく警告が解除されました。

エックスサーバーで運用しているWordPressサイトを、HTTPS化(常時SSL)してセキュリティを高める方法

Googleは現在、ウェブサイトのURLを http から https で始まるアドレスに変えるよう推進しています。

WordPress、プラグインJetpackのアップデートに注意! Fatal errorでサイトにアクセスできなくなった

サイトが表示されなくなり、WordPressの管理画面ダッシュボードへもアクセスできない。その原因と復旧方法。

エックスサーバー「自動バックアップ」、申し込みと復旧方法。WordPressサイトに不正アクセス

サーバー選びをする際、何を基準にして選びますか? 価格、速さ、容量、評判。それだけではなくトラブル発生時の対応も大切です!