ええっ!同一人物!? Voicyの緒方社長とベンチャー支援家Kさん

僕は音声コンテンツが大好きです。

理由は、家事をしているときであっても、満員電車でぎゅうぎゅう詰めであっても、学べるからです。あと、なぜか音声番組は親近感が沸き、ついファンになってしまうんですよね。

2016年9月23日にローンチし、今話題の声のブログ「Voicy」を聴いているのはもちろんのこと、もっと以前よりPodcastのヘビーリスナーでした。そんな音声番組のなかでもトップレベルでファンなのが「ドングリFM」です。

ドングリFMの内容は魅力の説明はここでは省略します。この過去記事をご覧ください。

スポンサーリンク

ドングリFMに、Voicyの緒方憲太郎社長がゲスト出演

ドングリエフエム
dongrifm 第294話

そんなドングリFMの最新回に、なんとVoicyの緒方社長がゲスト出演をするという放送回がありました。緒方社長は、Voicyの社長でありながらも、自身の番組を持たず、また一度も登場しないので謎の存在なのです(どこかで出演した経験があるかもしれませんが、僕が聴いた限りでは)。

いやー、これはヤバイな。
ついに、緒方社長の話が聞けるのか……と、ドングリFMを再生。

「よろしくお願いしまーす! Voicyはスマホで録音するので、マイクの前だとめちゃテンション上がりますね」、と登場。

あれ……? この声!!

Voicy内の人気番組「ベンチャーニュースで言いたい放題」の、ベンチャー支援家Kさんと同じ声と、同じ話し方。

えっ、えぇっ! と。軽くパニクりながら聞きました。

Voicyの緒方社長インタビュー、元ベンチャー起業のアドバイザー

ドングリFMでは、緒方社長へのインタビューが行われました。元々どういう経緯でVoicyを立ち上げたのか?、と。

Voicy 緒方者社長の経歴をザッとまとめると、以下の通りです。

  1. 中学・高校は神戸(兵庫県)で、ずっと関西で暮らしていた。
  2. 面白いことをするのが好きな若者だった。道に迷うのも好き。
  3. 会社の事業やビジネスに興味があった。
  4. いろんな会社に携わりたく、公認会計士からキャリアをスタートさせた。
  5. 4年ほど会計士をし、もっといろんな世界をみたくなった。
  6. 29歳、1年間かけて地球2周を旅した。
  7. 海外で、NPOを立ち上げたり、オーケストラをマネジメントしたりした。
  8. ニューヨークで、会計関係のコンサルとして就職し、そこで2年ほど働いた。
  9. TOEIC 400点で英語が苦手だったが、それを逆手にとって「俺は日本語(関西弁)が得意!」を売りにした。
  10. 日本に帰国し、デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社の初期メンバーとしてジョイン。
  11. そこで、ベンチャー起業のアドバイザーをしていた。
  12. 毎日5社ほどベンチャー起業を回っていた。自分はベンチャー起業オタク。
  13. 2年ほどトーマツ ベンチャーサポートで働き、Voicyを始めるために退職し、起業!

 

おぉぉ、まさにベンチャー支援家Kさん的ではないですか。

ちなみにベンチャー支援家Kさんは、ベンチャービジネスの魅力を伝えたり、経営のコツを伝授したり、ばっさばっさ斬るスタイル(ダメ出し)で番組を作っています。

また、話の流れから、緒方社長の見た目の話にもなりました。緒方社長は、工事現場でヘルメットが似合う風貌で、身体もガッシリしているとのこと。そして、アメフト顔。

うん、Twitterでも自身の顔をアイコンにされていますが、まさにガタイが良さそうですね。でも、身体ががっしりしている分、スーツがよく似合うんですよね。Twitterでは、緒方社長はレオナルド・デカプリオに似ている、という声もあります。

ベンチャー支援家Kって、誰?

「Voicyの緒方社長 = ベンチャー支援家K」というのは、みんな知ってたの? いやー、僕は全然知らなかったので、ビックリしました。

ポッドキャストの「ドングリFM」では、緒方社長のゲスト出演は複数回に分けて公開されるようです。特にVoicyのヘビーリスナーさんは、ぜひ聴いてみてください。Voicy愛がさらに深まりますよ!

【余談】女性フリーランサーさんと、Voicyを話題にランチ

私ごとですが、昨日、東京・渋谷で素敵な女性フリーランサーさんとランチをしました。以前、ブログでもご紹介した、この方です。

 

その方も、Voicyのベビーリスナーで、僕たちの間ではVoicyが共通言語になっています。

「何か、自分の売り物を作りたいね」(イケハヤさんから影響)

「勤め人(勤労)だけで稼ぐスタイルに依存してはダメだね」(サウザーさんから影響)

 

イケダハヤトさんやサウザーさんは、会社勤めをディスることが多いのですが、僕たちフリーランサーにとっても役立つ内容で、ビシバシ刺激を頂いているのです。

また、フリーランサーは、時間を切り売りしてお金に換えている訳ではないので、何か他の作業をしながら学べるVoicyは最高です。冒頭でも書いたように、家事をしながらVoicyを聞けば、時間を2倍に使えて一石二鳥。

フリーランサーは、時給ではないので、時間のコスパを上げるのが大切です。一石二鳥、一石三鳥を目指すのが重要になってきます。そういう意味で、Voicyから学べることが多いのです。

支援家Kさんが、ベンチャーのことを言いたい放題しているのなら、僕たちはフリーランスに対して言いたい放題。Voicyがあるおかげで、会った瞬間から熱い話をすることができました。

みなさん耳にも、ぜひ音声コンテンツを!

Voicyは、iOS、Androidのアプリにありますので、Voicyで検索してくださいね。

これ、僕がお気に入りの片耳イヤホン。2,000円ほど。安い! しかも超絶便利!