Zoom、顔を明るくする設定【照明不要】

Web会議サービスZoom(ズーム)を使っていて「顔をもっと明るく映したい」と思っている方、この記事は必見です! LED照明を使わずに、設定をポチッとするだけで一瞬で明るくすることができますよ。

明るさの調整ができずZoomに不満を感じている方に向けて、おすすめの設定方法をご案内します。

パソコン用のZoomアプリの案内になります(Mac, Windows両対応)

Zoom 設定手順

Zoomの設定画面

手順

  1. Zoomを起動する
  2. 「設定」を開く
  3. 「ビデオ」をクリック
  4. 「低照度に対して調整」にチェックを入れる
  5. 同項目内のプルダウンメニューで「手動」を選ぶ
  6. 調整バーで明るさを調節する(右にすれば画面が明るくなる)

りんごの学校

北野啓太郎アイコン
動画でも解説しました!

設定に出てこない場合、Zoomをアップデートしよう

Zoom アップデートの確認

もし、あなたのZoomアプリの設定に低照度に対して調整」が表示されない場合、古いバージョンのZoomを使っているのが原因です(本動画ではバージョン5.2.2を使用)。

その際は、バージョンアップしてください。

最近のアプリは、スマートフォン、パソコン問わず、自動アップデート機能を持ったものが多いですが、Zoomに関しては今のところ完全手動です。

Zoomを起動し、ツールバーにある「zoom.us」をクリックし、そこに「アップデートの確認」という項目があります。ここからアップデートをすることができるので、まずはここをチェックしてみてください。

画面を明るくするメリット

最後に、画面を明るくするメリットについて解説します。

「見られたく無いから、あえて暗い方がいい」

そう考えている方は、特にご覧ください。

明るい窓と、真っ暗になった人のシルエット

背景(窓)だけ明るいのが解消される

Zoomは、人の顔を認識して、そこに明るさを調整する機能が今のところ搭載されていません。

そのため、画面全体の光量から自動調整が行われます。

つまり、背景に明るい窓があると、Zoomは「これは明るすぎるな、明るさを落とそう」と判断してしまうのです。まさに僕が、この悩みを抱えていました。手動調整をすることで、自分好みの明るさにすることができるのです。

窓だけが明るいと、自分が真っ暗になり、まるて紙芝居です。それを解消することができます。

健康的に見える

顔がうっすらと暗いと、相手に不健康な印象を与えてしまいます。YouTuberは、こうした印象を避けるためリングライトを使う方も多いです。

また、シワが目立ちにくくなったり、若く見えるようになることもあります。

顔を明るくするだけで、印象を良くすることができるのです。

部屋が綺麗に見える

明るさを最大にするとハレーションを起こし、白くぼけた色合いになります。

これをメリットととらえるのです。

白飛びさせることで部屋の詳細がわかりづらくなり、結果、キレイに見せることができるのです。

 

今回は以上です。
明るさを手動調節して、ぜひ自分の顔を明るく映し出してみてくださいね!

YouTubeチャンネル「りんごの学校」では、MacやiPhoneのなどApple製品を楽しく・便利に使う方法をわかりやすく解説しています。こちらも併せてどうぞ。