Mac Pro、おろし金とそっくりだと話題に(2019年モデル)

日本時間2019年6月4日、Appleの開発者向けカンファレンス「WWDC 2019」の基調講演で、新型Mac Pro(マックプロ)が発表されました。

今回はフルモデルチェンジで、スペック向上に加え、デザインも刷新されています。Power Mac G5からMac Pro 2012まで続いた肉厚アルミニウム合金を使ったボディーをを彷彿とさせ、昔からのAppleファンは思わず固唾を吞みました。かっこいい!

Mac Pro 2012 (Apple)
Mac Pro 2012

しかし、Twitter上では「新形Mac Proは、おろし金に似ている」との声が噴出し、Twitterトレンドにも入るほど盛り上がったのです。

Twitterトレンド一覧、iPadOS、Mac Pro、メモリ1.5TB、おろし金

iPadOS、Mac Pro、Apple、SwiftUI、Apple、メモリ1.5TB……おろし金。

Mac Pro とおろし金の比較

Mac Pro 2019

まず、こちらが、2019年秋に発売予定の新型Mac Proです。

そして次に、おろし金。

スライサー おろし金 4面

えっ……似てる!?

ステンレススチールチーズおろし器 プレミアムステンレススチールブレード、エルゴノミクスハンドル付き4面おろし金、取り外し可能な容器、蓋 – 使いやすい,Silver
DINNA

実は旧モデルのMac Proは、ゴミ箱扱いでした

新型 Mac Pro 2013

2013年に登場し、2019年まで続いた「Mac Pro」は、真っ黒の筒状ボディーです。

実はこの時も、あるものに似ている、と話題になったのです。

それは……

130611_Appale_Macpro_ideaco-New-TUBELOR

ゴミ箱です。

大阪本社の企業、ideaco(イデアコ)社製のゴミ箱「New TUBELOR ブラック」 にそっくりだと、話題になりました。

確かにそっくりです。

created by Rinker
ideaco (イデアコ)
¥3,659 (2022/05/18 23:46:21時点 Amazon調べ-詳細)

■Swingin’Thinkin’ 関連記事
MacProがフルモデルチェンジ。大阪ideaco社のゴミ箱と、まさかのそっくり!

Apple製品、これまでの愛称

「製品に失礼な愛称をつけるな!」

そんなことで怒らないでくださいね。

実は、Apple製品に愛称をつけて愛用するのは、Appleファンにとって昔からの習わしなのです。

一例をあげますね。

 

iMac Bondi Blue Rev.B (Apple)

  • iMac(初代)「おにぎり」
  • Power Mac G3「ポリタンク」
  • iBook G3「はんぺん」
  • iMac G4「大福」
  • iMac G5「はんぺん」
  • Mac mini「弁当箱」
  • iPad Smart Cover「風呂のふた」

……など。

これまでを振り返れば、「おろし金」というのは自然ですよね。きっと愛され続けるマシンになることでしょう。

Mac Pro、なぜおろし金デザインになったの?

最後に、真面目な話。

林信行さん(@nobi)が、Mac Proのデザインについて、ツイッターでこのように解説していました。

おぉ、なるほど! 近年のApple製品は、購入後の拡張性の低さに不満を感じていたのですが、Mac Proは内部にアクセスしやすくなっているのです。これは長く使える名器になりそうですね。