新型コロナウイルスの曲が、世界中で次々とリリース。「しっかり手を洗って撃退するぞ!」など予防法を訴える

655

新型コロナウイスル(COVID-19)が世界中で感染拡大する中、音楽アーティスト達が、コロナウイルスをテーマにした曲をリリースしています。

曲の内容は、ほとんどどれも共通していて、新型コロナウイルスの予防方法を広め、感染拡大を阻止、撲滅を願っています。

北野
音楽のチカラで、みんなをコロナから守るぜ!

そんな意気込みが伝わってきます。

アメリカ、東南アジア、カリブ、アフリカ、ヨーロッパ……。世界中様々なアーティストが歌う「新型コロナウイルス」をテーマにした曲を集めました。ぜひ、聞いてみてください!

【ベトナム】Ghen Cô Vy| NIOEH x K.HƯNG x MIN x ERIK | WASHING HAND SONG | CORONA SONG

この曲は、3人のコラボレーションで作られた曲です。ミュージシャンのKhac Hung、歌手Min、そして同じく歌手Erik。YouTubeの動画説明欄などにはベトナム語で書かれているので、おそらくベトナムのアーティストだと思います。

  • 「中国の武漢からコロナがやってきて、平和な日常が逃げ去った」
  • 「みんな注意して、コロナを広げないようにしよう!」
  • 「しっかり手を洗え」
  • 「目・鼻・口を手で触るな」
  • 「人混みに入るな」
  • 「健康に気を配れ」
  • 「周りの空気をきれいに保て」
  • 「みんな頑張ってる」
  • 「コロナを撃退しよう!」

と歌っています。

しかしこの曲、曲そのもののクオリティがめちゃくちゃ高い!!

【アメリカ】My Corona | A “My Sharona” Viral Anthem – Dr. Zubin Damania

歌っているのは、Dr. Zubin Damania(ズービン・ダマニア)さん。アメリカの医師だそうです。

咳エチケットとか、目をこするなとか、予防法などを歌っています。The Knack「My Sharona」のパロディーソングですね。

【ドミニカ共和国】CORONA VIRUS – Yofrangel

歌っているのは、 カリブ海にあるドミニカ共和国のYofrangel(ヨフレンジェル)というアーティスト。

自分自身が咳き込みながら救急車で運ばれるシーンから始まるミュージカルビデオ。ダンスホールレゲエっぽいですが、英語ではないので曲の意味はよくわからなかったのですが、感染しないように口をふさごう等、予防について歌っている……と思います(多分)。

【ケニア】Coronavirus (Kolona) – DannyP Mboka (official Video) sms Skiza 5355444 to 811

歌っているのは、DannyP Mboka(ダニー・ムボカ)。SNSのプロフィールによると、アフリカのケニア在住で、GOSPEL(ゴスペル)アーティストであり、SPOKENWORD(スポークンワード/話す)アーティストだとあります。

こちらも英語ではないので歌詞の意味がわからなかったのですが、おそらく「おぉ神よ、コロナウイルスから守ってください」といった曲ではないかと思います。曲調は陽気で、MVにはダンサーも登場するダンスチューンです。

【イギリス】The Coronavirus Rap | COVID19 OFFICIAL MUSIC VIDEO – Tom Stockdale

歌っているのは、イギリスのTom Stockdale(トム・ストックデール)というアーティストが歌っています。

手は指の間のこまかなところまできっちり洗ういった予防法や、致死率は3%を超えているなど新型コロナウイルスの情報について、ラップで伝えています。

レゲエは、今のところ見つけられませんでした

ここでご紹介したのは、ほんの一部です。他にも次々と新曲が生まれていますので、YouTubeやSoundCloudなどでチェックしてみてくださいね。

ところで、余談ですが……

北野
コロナウイルスをテーマにしたダンルホールレゲエもあるのでは!? と思ったのですが、レゲエアーティストが、コロナウイスルをテーマに歌った曲はありませんでした

「手を洗おう」
「咳エチケット」

こういう予防方法もダンスにできるかも……なんて、思ってしまいました。音楽のチカラで誰かの命を救うことができるかもしれないので、ぜひどなたか!

また、レゲエはダブプレートといって、既にある曲の歌詞をカスタムする文化もあります。既存曲を「Corona Virus Diss」「Kill Corona」なんて感じにしても面白いかもですね。

【追記】RYO the SKYWALKERさんが「コロナ」を公開!

記事公開時、レゲエアーティストが歌うコロナをテーマにした曲は見当たらなかったのですが、その後、ジャパニーズレゲエDeeJayのRYO the SKYWALKERさんが「コロナ」を公開しました。とても力強い曲です!

新型コロナウイルス対策曲(レゲエ)

日本でも感染者・死者数が広がり厳しい状況

さて、世界中で猛威をふるう新型コロナウイスル(COVID-19)ですが、日本でも感染者・死者数が日に日に増えていっています。そんな中、音楽業界においても厳しい状況となっています。

以下、一般社団法人日本音楽事業者協会らが、2020年3月4日発表した声明文です。引用してご紹介します。

 


エンターテインメントを愛する皆さんへ

先般のイベント中止、もしくは延期の要請を受け、コンサート等のエンターテインメントを中断する判断や、敢行する判断に対する様々な批判や賛同がある中で、我々は大多数の公演を中止、もしくは延期することに致しました。

何よりも皆さんの健康が優先されることが大事という、強い気持ちを持って判断した次第 です。

一方で、開催に向けて準備してきた苦労や、開催することで得られる充実感や達成感、そし て何よりもオーディエンスの皆さんと分かち合えるかけがえのない喜びなど、経済的な損失以上に、その代償は大きなものがあります。

だからこそ、今回の新型コロナウイルスに対して今一度正しい知識と関心を持っていただき、これ以上の感染が広がらないようにつとめる事を、率先して訴えかけます。

エンターテインメントが再び多くの皆さんに大きな力を与えることができるよう、細やかな知識や情報を、率先して広げていきたいと思います。

我々も、開催に向け実施可能な感染防止対策を行いますので、少しでも沢山の皆さんが感染 拡大防止の知識を増やし、事態の収束への意識を強く持ち、新型コロナウイルスに 1 日も早く打ち克ち、その結果、共に楽しいエンターテインメント空間を描けることを心より願っています。

エンターテインメントを愛する皆さんと共に。

#春は必ず来る

2020 年 3 月 4 日
一般社団法人日本音楽事業者協会
一般社団法人日本音楽制作者連盟
一般社団法人コンサートプロモーターズ協会


 

このメッセージもまさに、先に紹介した曲と同様の想いを訴えていると言えるでしょう。

  • 皆さんの健康が優先されることが大事
  • 正しい知識と関心を持っていただく
  • エンターテインメントが再び多くの皆さんに大きな力を与えることができるよう、細やかな知識や情報を、率先して広げていきたい

今、日本ではライブやコンサートなど、音楽イベントが次々と開催中止となっています。音楽業界としては非常に厳しい状況かと思います。でも、音楽が持つパワーは衰えていないと思いますので、どうかこの苦難を乗り切って欲しいと願うばかりです。

そして何より、世界中から新型コロナウイルスの脅威が消え去ることを、心より祈っています。