ユーチューバーっていくら稼げるの? ゲームの実況プレーで年間4億円の広告収入を得ている猛者も!

ユーチューバーっていくら稼げるの? ゲームの実況プレーで年間4億円の広告収入を得ている猛者も!

by -
ユーチューバーの稼ぎは?ゲームの実況プレーで年間4億円の広告収入!

最近、YouTubeがテレビCMをしているので、ユーチューバー(YouTuber)という言葉を知っている方は多いと思います。

ユーチューバーとは、「自作動画をYouTubeにアップし、そこから広告収入を得て生活をしている方」のことを言います。もっとも、最近は収入がほぼ皆無な状態でもユーチューバーと名乗っている方もいらっしゃいます。今は、目指す方も含めてユーチューバーというのかも知れませんね。

トップ・ユーチューバーの多くは20代。そんな彼らのように、YouTubeで生活する人が話題になっています。

渋谷駅「YouTuber」の広告
▲ 渋谷駅スクランブル交差点にも、ユーチューバーの大きな街頭看板(2014年10月22日撮影)

ユーチューバーって、いくら稼げるの?

僕はYouTuberではありませんが、YouTubeチャンネルは2つ運営しています。

で、稼げるのか? が気になるところですが、正直YouTubeで稼ぐのは超難関です。自分の感覚としては、1,000円稼ぐのに5万再生回数が必要です(0.02円/1再生あたり)。

ユーチューバーとして生活するために月30万円を稼ごうと思ったら、毎月1,500万再生回数が必要となってきます。

ここまで達するには、相当な人気者になること、面白い映像を定期的に更新することが必須になってくるでしょう(トップユーチューバーの方はほぼ毎日更新しています)。

皆さんがお気に入りの面白動画やミュージックビデオの再生回数をみてください。そこに書かれている数字は「累計」です。1ヶ月の数字ではありません。いち素人や、ちょっとした有名人レベルでは、まず達することはできない数字と感じるのではないでしょうか。

YouTubeは「好きなことで、生きていく」をテーマに掲げてプロモーション中ですが、かなりハードルが高いので「ユーチューバーになるために勢いで仕事を辞めたぜ!」などとならないようご注意ください。稼ぎを気にせずに楽しく映像をつくって、もしちょっと儲けることができたら「ラッキー!映像編集用のパソコンを買い換えよう」くらいの気楽さが良いのではないでしょうか。

日本一のHIKAKIN、総再生回数は10億回。世界一は?


トップはHIKAKIN。動画でボイスパーカッションの技を披露したところ国内外で高く評価され、成功をつかんだ。今年7月にチャンネルの総再生回数が10億回、総登録者数400万人を突破。小学生の間でも憧れの存在になっている。

ユーチューバー 1年に4億稼ぐ“つわもの”も:スポニチannexより一部引用


 

日本のトップユーチューバーであるHIKAKINの総再生回数は10億回とのことですが、先ほどの計算にあてはめると累計で約2,000万円。

……ん? もっと多いと思ったら、日本一で案外そんなもんか。3億円稼いだという噂もありましたが、それは多分、ユーチューバーとして人気を確立し、その後スカルプDのテレビCMに出たりなど、企業とのタイアップを含んでの金額でしょう。3億円が正しいかどうかはわかりませんが。


最大のスターはスウェーデン人の25歳男性で、「ピューディパイ」という名前で活動。テレビゲームを面白おかしく実況プレーするだけの動画がきっかけでブレークし、昨年1年間で彼の動画群は約4億円を稼ぎ出したとされている。

ユーチューバー 1年に4億稼ぐ“つわもの”も:スポニチannexより一部引用


 

なんと世界一のユーチューバーPewDiePie(ピューディパイ)は、ゲーム実況で年間4億円も稼いでいるんだそうです!やはり英語圏は強し!日本語だとグローバルに展開しにくいですからね。ちなみに、この動画は約2,360万再生回数。ゲラゲラと笑いなからゲームを解説して、数千万再生回数とは凄いです。

昔も今も、ゲームがうまい人というのは、人気者になりやすいんですね!(僕が子供のころは、高橋名人という連射の名人がテレビで人気者でした)。


400万人に愛される YouTuberのつくり方
HIKAKIN 鎌田和樹
日経BP社
売り上げランキング: 3,730



<最後にひとこと>
個人的によく見ているユーチューブチャンネルは「堀江貴文」「KAZUYA Channel」「Soezimax」です。なかなか面白いですよ。