最安値はこれ! 大阪・東京間が5,000円、LCC格安航空券と空港バスの組み合わせが最強

最安値はこれ! 大阪・東京間が5,000円、LCC格安航空券と空港バスの組み合わせが最強

by -
大阪-東京 約5,000円。「格安航空券と空港バス」のお得な購入手順。

「東京 – 大阪」間の移動

この2大都市を結ぶルートは、日本でもっとも利用者が多い長距離移動ではないでしょうか。

昔は主にこの3パターンでした。シンプルです。

  • 新幹線
  • 飛行機(JAL、ANA)
  • クルマ(自家用車、レンタカー)

 

しかし近年はこうです。

  • 新幹線
  • 飛行機(JAL、ANA、STAR FLYER
  • クルマ(自家用車、レンタカー
  • 格安航空 / LCC(ピーチ、ジェットスター、スカイマークなど)
  • 高速バス

片道5,000円を切る「格安航空会社(LCC)」と「格安&快適な高速バス」の進軍で、状況は戦国時代へと突入しました。従来の大手航空会社は早割やサービスを充実させ、レンタカーは低価格の業者が現れました。高速料金もETCによる深夜割引が継続展開中です。まさに群雄割拠!

とにかく、選ぶのが難しい!

日頃、乗り馴れていないと、まずは探すところでつまずいてしまう。しかも、チケットの予約時にインターネットも駆使しないといけない。

うーーーー、面倒くさい!><

 

以前、深夜バスが思いのほか快適だったので、乗り方などのガイド記事を書きました。高速バスについて知りたい方は、以下のレポート記事を読んでください。

■Swingin’Thinkin’ 関連リンク
→ 東京-大阪3,000円。「飛行機、新幹線、レンタカー、高速夜行バス」を比較しました。

 

今回は、その飛行機(LCC)編ということで、東京・大阪間を移動する皆さんのお役に立てれば! と思います。

LCC格安航空券と空港バスの、お得な購入手順

東京 - 大阪(約600km)

<目次>

  1. 格安飛行機会社(LCC)を選ぶ。
  2. 航空券をネットで予約する。
  3. 成田空港へ行く手段を選ぶ(電車、格安バス、リムジンバス)
  4. バスをインターネットで予約する。

【1】格安飛行機会社(LCC)を選ぶ

現在、LCCがある大阪-東京間のルートは、この1種類のみ。

  • 東京(成田国際空港 / NRT) − 大阪(関西国際空港 / KIX)

 

そして、それらを結ぶ格安航空会社は以下の2つ。

東京都心からは羽田空港が近くて便利なのですが、羽田から乗れるのはJAL、ANA、STARFLYERのみです。現在のところ羽田発着のLCCはありませんので、LCCを使う場合は成田一択になります。

【2】航空券をネットで予約する

JETSTARウェブ予約

今回、僕はジェットスターを予約しました。
価格はピーチとほぼ同等。機内持ち込み手荷物も同じ10kg。決め手は無かったので、サイトのデザインで選びました。

予約はトップページで「出発地」「到着地」「日付」「人数」などを入れて検索。そのままサクサクと予約ができました。特に難しい箇所は無いのですが、注意点があります。

<注意点>
やたらとオプションなど料金加算しようとしてくる!

  • JALマイルや機内バウチャーは無くても問題なし。
  • スーツケースなど受託手荷物がある場合は注意(手荷物10kgまでは追加料金なし)。
  • ほとんどの座席が有料。

デフォルトで有料オプションにチェックが入っている場合があるので、不要な場合は《外す》のを忘れずに。但し、もちろん必要な方はオプションを追加してくださいね。

スターフライヤー座席指定

座席はオプションだらけです。(笑)
数百円の追加で、快適な席を選ぶ事ができます。以前、スカイマークに乗った時は、こういうのが無かったのでちょっとビックリしました。

そして最後の最後に、手数料300円が加算されます。ナニコレ?

無事予約が完了すれば、スケジュールが書かれた「ジェットスター旅程表」というメールが届くので、不安な方は印刷しておきましょう。

*追加荷物の料金などは、スターフライヤー公式サイトをご確認下さい。

【3】成田国際空港へ行く手段を選ぶ

成田空港は、東京の都心部から少々離れています(千葉県成田市古込1-1)。空港までの道のりは、主にこの3つの方法があります。

  • 電車
  • リムジンバス
  • 京成バス

ジェットスター(国内線)のチェックインカウンターは、成田国際空港第2ターミナル・2Fです(参考:空港公式サイト案内ページ)。また電車の場合、最寄駅は「空港第2ビル駅」になります。

【4】格安な空港バスをネットで予約する

僕がおすすめしたいのは京成バス。900円です!

長距離バスは、「東京-大阪」の深夜バス含め、何故か楽天市場で買うと公式サイトで買うより安い場合が多いです(ポイントも付く)。僕はいつも楽天で予約しています。

今回は、以前リムジンバスに乗った事があるので、京成バス(900円)を楽天で予約しました。皆様のご都合でお選び下さい。
成田空港・羽田空港行きバス検索 特設ページ

楽天:高速バス・バスツアー予約ページ

【まとめ】東京 – 成田空港間はバスがお得。ジェットスターは時期や荷物で価格を見極める

<ポイント>

  • 成田空港までの交通費は、京成バスで節約できる。
  • ジェットスターは、オプションの必要不要を見極める。
  • ジェットスターは、タイミングによってセール価格が出る。
  • スーツケースがある場合、スターフライヤーと長距離バスを比較してみる(価格、利便性)。

ザッと以上です。もし、スーツケースがあれば、ジェットスターの場合15kg以内で別途2,000円の料金が掛かります(超過する場合は料金アップ)。もし荷物が多い場合は、近くて便利な羽田空港が利用出来て、荷物料金も20kgまで無料のスターフライヤーが良いかもしれませんね。または長距離バス(深夜バス)。

このように、荷物や利便性など、多角的に検討しないとお得なルートに辿り着けません。やっぱり面倒ですね。

それでは《成田国際空港LCC+京成バス編》でした。皆さま良い旅を!


<最後にひとこと>
お金に余裕があれば、JALやANA、または新幹線が一番快適なんですけどね。結局は、お金で時間と快適が買えるということです。