画像参照元:HIGHEST MOUNTAIN 公式サイト

毎年、夏に大阪で開催されているレゲエ野外フェス「HIGHEST MOUNTAIN(ハイエストマウンテン)」。今年2018年は、開催20周年を迎えるアニバーサリーイヤーです。

このHIGHEST MOUNTAINは、日本ではもっとも長く続いている夏フェス。1999年に第1回が開催され、8年目の2006年には大阪・舞洲で2万5千人を集客し、名実ともにレゲエフェスの代名詞となりました。

しかし、集客面において毎年絶好調だった訳ではありません。会場を縮小させた年もありました。

でも、HIGHEST MOUNTAINを主催する大阪のレゲエクルーMIGHTY JAM ROCK(マイティージャムロック)は、どんな年でも、いつも夏にはHIGHEST MOUNTAINを開催し続けたのです。

MIGHTY JAM ROCKは、なぜHIGHEST MOUNTAINを開催し続けるのでしょうか?

僕も知らなかったのですが、実はそこにとても深い想いが込められていたのです。

スポンサーリンク

MIGHTY JAM ROCKのメンバー全員に、4時間かけて取材させて頂きました

大変恐縮ながら、今年、MIGHTY JAM ROCKさんより「プロフィール執筆の依頼」を受けました。有名アーティストのプロフィールを書くというのは責任重大です。僕は執筆にあたり、まずMIGHTY JAM ROCKのメンバー全員ひとりずつに、じっくりとお話しをうかがいました。トータルすると、話した時間は4時間ほどでしょうか。

そこで僕は、「MIGHTY JAM ROCKは、なぜ存在するのか?」の原点に迫りました。

それを知ったとき、僕は興奮と感動で打ち震えたのです。KYARAさんには、「これまで全然知りませんでした。めちゃくちゃかっこいいじゃないですか!」と、思わず声を上げてしまいました。

感動!「レゲエはいいぞ」に込められた、真の意味

熱心なレゲエファンであればご存知の方もいると思いますが、MIGHTY JAM ROCKは、初めからMIGHTY JAM ROCKではなかったのです。

(以下、敬称略)

セレクターのKYARAは、RYO THE SKYWALKERと同じクルーで、DIGITAL BASS(デジタルベース)というサウンドでした。また、同じくセレクターのROCKは、BOXER KIDと同じクルーで、ROPROS(ロプロス)というサウンドだったのです。

そして、JUMBO MAATCHとTAKAFINは同じクルーで、RIDDIM(リディム)というクルーでした。

しかも彼らがサウンドを始めた当初、RYO THE SKYWALKERも、JUMBO MAATCHも、TAKAFINも、セレクターだったのです。BOXER KIDだけが、初めからDJでした。

これは、1990年代半ばのはなし。当時彼らは若手サウンドとして、「先輩に負けないぞ!」と気概を持って活動していました。

そんな折、彼らに「ふたつの困難」が降り掛かるのです。

【困難1】レゲエの、良いミックステープがない!

今でこそ、レゲエのミックステープやミックスCDは、サウンドの名刺代わりとして無数に存在していますが、1990年代に半ば、日本にはほぼ存在していませんでした。あったのは、レコ屋で販売されていた、ジャマイカから輸入された、現場を録音した音質の悪いテープばかりでした。

コアなレゲエファンにとってはたまらないものですが、レゲエ初心者にとっては、これはマニアックです。半分くらいパトワで喋っているし、音も悪い。

「これでは、レゲエをより多くの人に広められない」

そう危惧したのです。そして、異例ともいえる行動にでました。クルーの枠を超えて、謎のミックス集団MIGHTY JAM ROCK「SOUND BACTERIA(サウンドバクテリア)」を立ち上げたのです。SOUND BACTERIAは、徹底的にクオリティにこわだって制作されたミックステープです。

これが大ヒット!

大阪・アメリカ村を中心に、街中に「SOUND BACTERIA」が大音量で鳴り響くというムーブメントを巻き起こしたのです。当時、アパレルショップ、美容院、飲食店など、どこへ行ってもBGMとしてこのミックステープが繰り返しプレイされていました。

このときの旗印が、「レゲエはいいぞ」だったのです。

MIGHTY JAM ROCK サウンドバクテリア #1 のテープ

【困難2】サウンドクラッシュでのジャパニーズレゲエに非難

ジャパレゲという言葉は、1990年代にはありませんでした。とはいえ、日本語レゲエはすでにあり、CDもレコードもよく売れていました。

ただ、「ジャマイカのレゲエをひいきする」雰囲気が、どことなくあったのです。

当時、サウンドクラッシュのブームも起きていて、DIGITAL BASSやROPROSも先輩サウンドに挑んでいました。そのとき自分たちの仲間の曲、日本語レゲエを何曲もプレイしたところ、クラッシュの審査員(当時はいたそうです)から、「クラッシュはやっぱりジャマイカンでしょ」と認めてもらえなかったそうです。

悔しい。

日本人レゲエアーティストの良さを、もっと知らしめたい!

レゲエはいいぞ! HIGHEST MOUNTAIN、1999年第一回開催

「レゲエはいいぞ!」
「ジャパニーズレゲエもいいぞ!」

このふたつの想いを遂げるため、謎のミックス集団は、《謎》の仮面を取ることを決意しました。さらに、当時はまだ珍しかった生演奏のバンドでアーティストがパフォーマンスを行うビッグステージショーの開催も計画しました。

そのイベントがHIGHEST MOUNTAINであり、MIGHTY JAM ROCKのお披露目だったのです。

彼らのレゲエに対する熱い想いが、HIGHEST MOUNTAINとMIGHTY JAM ROCKを誕生させました。その想いは、20年たった今もなお、脈々と続いているのです。

余談ですが、取材の際KYARAさんに、「もう想いは充分叶ったのでは?」と尋ねると、「伝えたい良いレゲエは、まだまだあるんですよ。まだ終われませんよ!」と、言われてしまいました。

MIGHTY JAM ROCKは、20年前から一貫して「レゲエはいいぞ」を掲げ、ひたすら目的に向かって進んでいたのです。

8月11日「山の日」に開催、ハイエストマウンテン20周年

ハイエストマウンテン2018 ポスター

書かせていただいたMIGHTY JAM ROCKのプロフィールは、HIGHEST MOUNTAIN公式サイトに掲載されています。ぜひ読んでみてください。MIGHTY JAM ROCKの皆さま、貴重な機会をありがとうございました!

さて、今年2018年のHIGHEST MOUNTAIN 20周年は、新しい休日、8月11日の山の日に開催されます。チケットは、なんと3,900円(サンキュー価格)から。しかも、小学生以下の子どもは、大人ひとりにつき1名無料。家族にも優しいですね。

「レゲエはいいぞ」を掲げ、大阪・舞洲(まいしま)に集まりましょう!

■関連リンク
HIGHEST MOUNTAIN公式サイト