ジャマイカの歌姫によるガンジャチューン、ETANA「Ganja lovers」が最高!

434

レゲエの国・ジャマイカで、女性シンガーとしてトップの座に君臨していると言っても過言ではないETANA(エターナ)。

《私は辛い経験をしたけど、翼を広げて飛び立つわ》と歌った「I Rise」、《怖くはないわ、私はハイレ・セラシエに守られているのだから》と歌った「I’m Not Afraid」など、世界中の女性達を勇気づけてきました。

そんな彼女には、「歌姫」や「女王」などの肩書きを添えられることもあるほどです。

しかし! やっぱり面白いですね、レゲエは。

ETANAが2019年にリリースした新曲は「Ganja Lover」。《ガンジャを愛する人達》というタイトルです。ガンジャというのは……えーと、この言葉を書くとGoogleに弾かれてしまう恐れがあるので書かないのですが、いわゆる葉っぱ的なアレです。

歌姫・女王であるETANAが、ガンジャチューンをリリースしたのです。これがイイ!!

スポンサーリンク

ETANA – Ganja Lovers (Music Video)

タイトル:Ganja Lovers
アーティスト:Etana
レーベル:Streaminn Hub Inc
プロデューサー:Kemar McGregor
MV監督:Gilbert Pook Jr / Remnance Sounds

あれ? なんか聞いたことがあるぞ! 元ネタについて

Etanaの「Ganja Lovers」を聞いて、ハッとした方。おそらく40代以上か、もしくは昔の曲もしっかりと聴いているレゲエ好きかと思います。

実は、The Mighty Diamondsの「Pass the Kouchie」が元ネタとなっています。

The Mighty Diamonds – Pass the Kouchie

Kouchieというのはパイプのことで、KouchieをPassしろ、Kouchieを回せ、という曲です。

Etanaの「Ganja Lovers」と同様、曲の中に「スー、ハー」という「吸って〜、はいて〜」の音が入っています。

ちなみに、使われているリディムは「Full Up Riddim」です。The Mighty Diamondsも、Etanaも、同オケです。今風にリメイクされていますが。

Sound Dimension – Full Up

これがオリジナルです。1969年リリース。

Full Up Riddimに乗せて歌う曲としては、Freddie McGregor「Africa Here I Come」、Pan Head「African princess」などがあります。

Freddie McGregor, Pan Head (Full Up Riddim)

Jigsy King – Gimme The Weed

また、Etanaは「Ganja Lovers」のなかで、「Gimme de weeda Good seinsi weed. Gimme de weeda Good ganja weed」と歌っていますが、この元ネタは、Jigsy Kingの「Gimme The Weed」です。1994年リリース。

余談ですが、Jigsy Kingの声ってBuju Bantonと似ていますよね。このライブ映像では、ブジュのモノマネもやっています。

このようにEtanaは「Ganja Lovers」で、過去のガンジャチューンを受け継ぎつつ、現代へと繋いでいるのです。面白いですね。

他にも元ネタあるのかな? もしわかった方がいたらコメント欄かSNSで教えてください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA