映画「フィッシュストーリー」。オチ予測不能。風が吹けば桶屋が儲かる的、痛快ムービー!

341

本日最終日! Amazon 大感謝祭
▶︎【本読み放題】3ヶ月99円
▶︎【音楽聴き放題】4ヶ月99円
▶︎ Fire TV Stick 2,980円
▶︎ Fire 7 タブレット 3,280円
SALE対象商品一覧を見る

フィッシュストーリー [2009年 日本 / 上映2009年3月20日]
「衝撃!」:☆☆☆☆


映画「フィッシュストーリー」「風が吹けば桶屋が儲かる」という日本のことわざがあります。一見何の関係もないような事柄が、実は巡り巡って思わぬところに影響を与える、といった例えです。

アメリカでは良く似た言葉に「バタフライ効果」があります。蝶のはばたきが、遠く離れた場所に竜巻を起こす、といった風に、極めて小さなことが重大な事を引き起こす例えに使われています。それをタイトルにしたサスペンスSF映画「バタフライ・エフェクト」(2004年アメリカ製作)なんてものあり、少々怖い場面もありますが、なかなか面白いのでぜひ。

さて、そんな「風が吹けば桶屋が儲かる」的な、面白い邦画を見つけました!といっても、2009年の映画なので、自分が知らなかっただけなのですが…。

こちらは全く怖くはなく、セックス・ピストルズがデビューする1年前、日本のパンク・バンド逆鱗が歌った曲がキーになり、時代を超えた様々なドラマが展開するストーリー。

内容に触れるとすぐにネタバレになりそうなので、これ以上書きませんが、「んなアホな!」と思いつつも、拍手喝采したくなる映画です。気持ちいい映画ですので、気分よく楽しみたい時にぜひオススメ!見ていない方は、レンタルビデオ屋の旧作コーナーをチェック。

映画「フィッシュストーリー」フライヤー裏面

フィッシュストーリーは舞台化され、只今上演されています。

2012年6月19日-24日上演 『フィッシュストーリー』

東京ハートブレイカーズ『フィッシュストーリー』
2012年6月19日(火) – 24日(日)
@テアトルBON BON(東京・中野)

created by Rinker
アミューズソフト
¥4,090 (2019/07/16 13:12:26時点 Amazon調べ-詳細)

<最後にひとこと>
映画「フィッシュストーリー」公開より、さかのぼること6年。同じ原作者(伊坂幸太郎)・映画監督(中村義洋)の映画、「アヒルと鴨のコインロッカー」というのがあります。こちらに派手さはないですが、先がよめないストーリー展開は「フィッシュストーリー」と同じ。原作者・監督、お二人の年齢は1つ違いの1971年、1970年生まれ。すごく良いコンビですね!
この映画が良かったとTwitterに書いたところ、「コールデンスランバーも是非」とリプライを頂きました。この映画も同じコンビのようです。見ないと!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA