iCloud Driveに保存したファイルが、iPhoneでダウンロードできない・開かないときの解決法

AppleのクラウドサービスiCloudには、iCloud Driveというオンラインストレージサービスが付いています。Mac、iPhone、iPadなどからフォルダやファイルをアップロードして、クラウド経由でそれらが共有できるサービスです。

しかし「使い勝手が悪い」「使えない」と感じている方もいらっしゃるでしょう。

その理由は、MacやiPadで保存したファイルを、iPhoneで外出先の電話回線(3G/4G/5G)で開こうとするとダウンロードが一向に始まらないという問題があるからです。

つまり、「雲アイコンをタップしても開かない! ずっと待機中のまま」ということ。

今回は、iCloud Driveに保存したファイルが、iPhoneでダウンロードできない・開かないときの解決法をお伝えいたします。

iCloud Drive モバイル通信で書類をダウンロード・アップロードする

手順

  1. iPhoneの設定を開く(ギアマークのアイコンをタップ)
  2. 「モバイル通信」をタップ
  3. 「iCloud Drive」をオンにする(ページ下部にあり)
  4. iPhoneを再起動する

iPhoneのiCloud Drive設定画面

ずっと待機中なのは、iPhoneの仕様だった

手順3の「iCloud Drive」の項目には、「Wi-Fiに接続していないときは、モバイルデータ通信を使って書類とデータを転送します」とあります。

デフォルト設定は、オフです。

つまり、なかなかダウンロードが始まらずにずっと待機中のままなのは、iCloud Driveの不具合や使い勝手の悪さではなく、そもそもWi-Fiにつながっていないとクラウドの保存されているデータは開けない仕様だったのです。

実は僕も、この仕様になかなか気づけず「iCloud Drive、使えないなぁ。やっぱりDropboxかな」と思っていました。設定変更後は快適に使えています。

また、手順「4」の再起動はしておいた方が良いでしょう。1〜2分で完了しますので。僕は設定をオンにしただけではモバイル通信でのダウンロードが始まらなかったのですが、iPhoneを再起動したことで設定が有効になりました。

待機中のまま進まない

モバイル通信をオンにすると、当然通信量はかさみます

外出先で重いデータをダウンロードしたりアップロードしたりすると、通信量がかさみます。いわゆる「ギガが減る」ということ。

通信プランによりけりですが、低容量の通信プランで使っている方はご注意ください。

余談ですが、僕はdocomoのahamoを使っています。月に20GBの容量があり、外出先で映画・ドラマを見まくるなどしない限り無くなることはありません。料金が安く、通信速度も速いので気に入っています。

ahamoのレビューついては、以下の記事をご覧ください。

BIGLOBEモバイル、回線速度が遅すぎてahamoに変えました