世の中誰もが必要そうなのに、席が空いている場所を探す。攻めどころを決める3つのポイント

645

会社員であれば、上司・経営者からの評価が出世のためには重要ですが、フリーランスの場合は、世間から評価を得ないをいけません。

ただ、世間といっても、老若男女すべての人ではありません。そんなのは無理ですし、目指す必要もありません。

大切なのは、どこを攻めるかです。

いわゆるレッドオーシャン・ブルーオーシャンの話になるのですが、フリーランスがレッドオーシャンで際立つのは至難の業ではありません。ブルーオーシャンを見つけ出し、そこで注力することで異彩を放つことができるのです。

そんな「攻めどころ」について、良い話を聞きました。著書「メモの魔力」が書店を賑わせている、SHOWROOMの社長・前田裕二さんが語っていた「本を100万部売るための戦略」です。

created by Rinker
¥1,540 (2019/12/07 07:42:13時点 Amazon調べ-詳細)

世の中誰もが必要そうなのに、席が空いている場所を探す

話はここで聞けます。YouTube「ホリエモンチャンネル」の、「人気者になるにはどうしたらいい??【前田裕二×堀江貴文】」の回です。8分48秒からご覧ください。

発売1週間で発行部数17万部という初速の凄さに、堀江貴文さんが「えぇ、そんなに売れてるの!」と驚きます。そこで前田裕二さんが秘策について語った、という流れです。

 


『手帳って席が埋まっているな』って思ったんですよ。熊谷さんもやってるし、ほぼ日の糸井さんもやってる。メモって席が空いてたんですよね。

世の中、誰もが必要そうなのに、席が空いている場所を探していて。しかも自分が得意なもので。やっぱメモだなって


 

前田裕二さんは、「テレビなどのメディアに取り上げられらから100万部売れた」とかではなく、「始めから狙って100万部に到達したい」と考えたそうです。

確かにメモは誰しもが使っているのに、「メモの第一人者は誰?」と聞かれてもピンと来ませんね。今後は「メモと言えば前田さん」と言われるようになるかも知れません。

これには堀江さんも「行くな、100万部!」「メモも売れるなぁ!」と感嘆していました。

攻めどころを決める3つのポイント

前田裕二さんのお話をまとめるとこうなります。

  1. 多くの人が必要としていることを探す
  2. その席は空いている?
  3. それはあなたの得意分野?

この3つを押さえることで、突出することができる、という訳です。

ふたつじゃダメですよね。
多くの人に必要とされていて、その席が空いていても、あなたが不得意であれば戦えません。また、席が空いていて、あなたが得意であっても、ニッチ過ぎればニーズがありません。

あなたに当てはまる「攻めどころ」はどこなのか?

将来フリーランスになりたいと考えている方や、今、自分の事業が低迷している方にとっては、活路を見出すヒントになりそうです。