YouTubeのエラー解決方法。iPhone「無効な動画です アセットを読み取れません」

4267

iPhoneで撮影した動画をYouTubeにアップロードする際、エラーが出ることがあります。

「無効な動画です。アセットを読み取れません」

という、エラー表記です。

今回は、これを簡単に解決する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

手順

  1. iPhone「写真」アプリを起動する
  2. 対象の動画を選択する
  3. 画面右上の「編集」をタップする
  4. 「ビデオをダウンロード中」と表示される
  5. ダウンロードが終わるまで待つ
  6. iPhone「YouTube」アプリを起動する
  7. 動画がアップロードできるようになっている
iPhoneでの手順を説明する画像
写真アプリで対象の動画を選択し、画面左上の「編集」をタップする
iPhoneでの手順を説明する画像
「ビデオをダウンロード中」になるので、完了するまで待つ

アップロードができない、エラーの原因はiCloud

そもそもアセットとは何か?

アセットとは、資産・資源・財産、といった意味です。ここで言うアセットとは、動画のデータのことになります。

「え、なぜ動画のデータがないの? ちゃんと再生できるのに」

そう疑問に思われるでしょう。

実は、このエラーが表示されるということは、あなたのiPhoneには動画のデータが存在しないのです。

では、一体どこにあるのか?

それはiCloudです。Appleは、iPhoneやiPad、Macが容量不足にならないよう、普段使っていない一部のデータを自動的にクラウドに保存する機能があります。5GBまでは無料で、そこから段階的に有料プランが用意されています。

このiCloudの設定をオンにしていると、一見データはiPhoneなどの端末にあるように見えますが、実際の本体はクラウドに保存されているのです。そのため、YouTubeにアップロードする際は、iPhone本体にダウンロードしてやらないといけないのです。

そこで「編集」をタップすることで、動画をiPhone本体にローカル保存できる訳です。

過去の動画はダウンロードしてからYouTubeにアップしよう

iPhoneで撮影したばかりの動画は、iPhone本体にローカル保存されています。

しかし月日が経つと、自動的にiCloudに保存されてしまいます(iCloudの容量に余裕があれば)。

「無効な動画です。アセットを読み取れません」

このエラーは、過去の動画の際に表示されるかと思います。撮影したばかりの新しい動画ではエラーが出ません。

■YouTube 関連リンク

よかったらチャンネル登録お願いします!