macOS Apple純正アプリ「スクリーンショット」で、画面を動画収録する方法

macOS 10.14 Mojaveより、新たに「スクリーンショット」のアプリが追加されました。静止画だけでなく、動画もキャプチャ可能です。

ただ、動画は少し使い方がわかりづらいので、手順を解説します。

スポンサーリンク

手順

  1. アプリケーション「スクリーンショット」を起動する
  2. 「画面全体を収録」「選択部分を収録」のどちらかを選ぶ
  3. オプションをクリックし、ファイルの保存先を指定する
  4. タイマーを選択する
  5. 音声を収録するかを選択する
  6. マウスクリックを表示するかを選ぶ
  7. 画面のどこかをクリックすると収録開始
  8. ツールバーのアイコン(丸の中に四角の絵)をクリックすると録画が止まる
  9. 動画ファイルが自動的に保存される
macOS スクリーンショット オプション設定画面
macOS スクリーンショット オプション設定画面

【サンプル動画】音声あり、マウスクリックありで収録

Apple純正アプリ、スクリーンショットは高機能

macOS 10.13 High Sierra以前は、アプリ「グラブ」でスクリーンショットを撮ったり、「QuickTime」で画面の動画キャプチャを撮っていました。

今回新たに搭載された、Apple純正の「スクリーンショット」は、上記の両者が統合した感じで、さらに使い勝手が良くなっています。マウスをクリックすると、その部分に円が表示されるので、ハウトゥーやプレゼンテーション用の動画作成をする際にはとても便利です。また、音声の録音も可能です。

今回、記事を書くきっかけとなったのは、動画を止める方法がわかりずらかったことです。収録をどうやって止めるのか、どうやって動画を保存するのかが、しばらくわかりませんでした。

同じように悩む方がいると思いますので、手順をお伝えしました。

もしわかりにくいなどありましたら、このページのコメント欄にご投稿ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA