iPhone故障で新品交換修理。症状は相手の声が聞こえない、画面が暗くなり勝手に再起動

381

iPhoneで通話する際、相手の声が聞こえなくなってしまったので、ジーニアスバーを予約し、Apple Storeへ行ってきました。

その結果、iPhone本体が交換となり、新品になったのです。今回はその顛末をお伝えします。

  • 機種:iPhone X
  • ソフトウェア:iOS 12
  • 使用歴:1年2か月
  • AppleCare+ で延長保障期間中

スポンサーリンク

電話、LINE通話、FaceTimeオーディオ、どれも相手の声が聞こえない

ある日突然、通話で相手の声が聞こえなくなりました。

僕は「つながっていない」と思い、何度も掛け直してしまったのですが、どうやら相手には僕の声が届いていたようです。

そこで電話ではなく、LINE通話やFeceTimeオーディオで通話を試みました。しかし結果は同じ。相手の声が聞こえないのです。

  • 受話音量が下がっていないか?
  • Bluetoothでイヤホンやスピーカーに接続されていないか?
  • イヤホンジャックに異物が詰まっていないか?

などを確認しましたが、どれも問題なし。また、アプリやiPhoneそのものの再起動も行いましたが、やはり改善しません。

「これは、iPhoneのレシーバー(耳に当てる受話部分)が故障だな」と、僕は思い、ジーニアスバーを予約した訳です。

ジーニアスバーの予約完了画面

このとき僕は、コメント欄に以下の文言を記入しました。


“通話全般、相手の声がまったく聞こえなくなりました。
あと別の不具合なのですが、購入当初より頻繁に再起動します。使っている最中に突然画面が真っ暗になり、ギアマークだけが表示され、それが10秒ほど続きます。アプリの不具合かとも思ったのですが、iOSも使用中のアプリもアップデートしながら1年以上使い、改善されません。こちらも合わせて見て頂きたいです。
どうぞよろしくお願いします。”


 

iPhoneが突然、勝手に再起動する

僕が使っているiPhone Xは、購入当初より突然再起動することがありました。普通に使っている最中に突然画面が真っ暗になりギアマークだけが表示されるのです。

10秒程度で元に戻るので、それほど気にしていませんでした。

ですが、今回の通話トラブルで、この再起動問題も関連している可能性もあるのではないかと思い、コメント欄に書き添えたわけです。

ちなみに、同時期にiPhone Xを購入した僕の妻は、再起動のトラブルは起きていません。

Apple Storeの修理窓口、ジーニアスバーで症状確認

Apple Store 渋谷外観
Apple Store 渋谷

ジーニアスバーでは、まず全てのスピーカーの物理的な故障チェックが行われました。

そこで、レシーバー部分が故障していることが確認できました。通話で相手の声が聞こえなかったのは、このためです。

では、なぜレシーバーが故障したのか?

外観のチェックや、水没の確認などを行いつつ、「突然勝手に再起動」問題を診断することになりました。

これに関してはエラーログなどを確認していました。専門的な診断だったため、僕には理解できませんでした。

そしていよいよ最終の診断結果。

勝手に再起動する問題がありきで、そこからレシーバーの不具合が発生したと考えられます。これは本体交換が妥当だと思われます

ということで、部分修理ではなく、新品交換が提案されたのです。

ジーニアスバーで、新品の iPhone X に交換

新しくなったiPhone X
新品になった iPhone X

本音を言うと、本体が新品になったのはラッキーでした。

不具合で数日間不便な思いをしましたが、すでに1年以上酷使している端末ですので、それなりに経年劣化していると思います。本体がまるごと新品になることで、今後より長く使える可能性が高まった訳です。

ここ数年、iPhoneに限らず、iPad、Mac共に、スペックが高止まりしています。かつては新機種が出るたびにスペックが大きく向上し、「やっぱり新しいモデルが欲しいな!」と新機種が出るたびに欲しくなる時期がありました。

しかし近年の製品は、それほど大きくスペックが向上していません。本体を大切に使い、故障しなければ、何年も使い続けることができるのです。少なくとも「iPhoneもMacも、2年ごとに買い換える」必要はないでしょう。

iPhone Xは「3年くらい使いたいな」と思っていたので、今回の新品交換は幸いでした。

ジーニアスバーでは、SIMカードの入れ替え作業はしてもらえましたが、バックアップからの復旧はユーザーが行う必要があります。僕はiCloudに自動バックアップをとっていますので、帰宅し、自宅の高速回線で復元しました。

AppleCare+ で、iPhoneの保証期間が2年に延長

ちなみに、今回の修理(本体交換)は、無償でした。

1年間の保証期間は過ぎていましたが、別途「AppleCare+ for iPhone」に加入していたからです。AppleCare+ for iPhoneに加入すると、保証とサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます。

もし、保証期間を過ぎていた場合、今回の本体交換修理は「62,400円」でした。

AppleCare+ 入っておいてよかった!

今回の記事は以上です。
同様のトラブルが起きた方へ参考になればと思います。

スポンサーリンク

Swingin’ Thinkin’ 「アップルストア」関連記事

Apple Store 渋谷 ジーニアスバー
Phoneの電波が弱くてつながらない(Wi-Fi、Bluetooth、電話)。Apple Storeで聞いた復旧方法と修理代
隣の部屋に移動すればWi-Fiが切れる。受信感度が弱すぎて使えない! ジーニアスに聞いた復旧の手順をお伝えします。アンテナ修理は3万〜4万円も掛かる。

MacBookの電源ケーブルが断線。AppleCareで無償交換してもらえました
MacBookの電源アダプタのケーブルが断線。保証・AppleCare対象で無償交換してもらえました
iPhoneのライトニングケーブルの無償交換はよく知られていますが、MacBookシリーズはどうでしょう? 新品でパーツを買えば約1万円もするのですが……