コロナ禍とは? 読み方と意味

2980

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、2020年3月22日頃からWEBニュースの記事タイトルで「コロナ禍」と表記しているのを見かけるようになりました。

……コロナ禍って何?

なべっぽいけど、漢字がちょっと違うよね。そもそもコロナ鍋って意味がわからないし。

今回は小ネタ。
コロナ禍の読み方や意味をお伝えします。

コロナ禍の読み方

禍って、普段あまり使わない・見かけない漢字ですよね。

禍の読み方は、以下のとおり。

  • 【音読み】か
  • 【訓読み】まが、わざわ(い)

コロナ禍は、「ころなか」と読みます。

禍の意味

の意味は、Wikipediaに詳しく書かれていました。以下、引用します。

禍(か、わざわい)は伝説上の生物、怪獣である。災禍さいかを生み出す存在であると言われている。禍獣、禍母(かも、かぼ)とも。

禍は、巨大な猪のような生物で、仏教経典のひとつ「旧雑譬喩経ひゆきょう」にある説話に出てくるとのことです。

禍
(左下)刀・鉄を食べ、荒れている禍

コロナ禍とは

つまりコロナ禍とは、コロナによる災い、という意味になります。

ただ、ここで言うコロナとは、新型コロナウイルス感染症、もしくは新型コロナウイルス(COVID-19)のことですので、「新型コロナウイルス感染症禍」「新型コロナウイルス禍」が正しい表記になるかと思います。

北野
ニュースサイトの記事タイトルは短くする必要があるので、「コロナ禍」が使われ始めたのだと思います。それにしても見慣れない漢字・言葉ですので、パッと見で読めないし、意味もわならないですよね

コロナ鍋・コロナ渦ではありません

余談ですが、禍に似た漢字に「なべ」「うず」がありまます。

TwitterなどSNSでは、「うず」と誤用されている方が散見されます。

コロナうず
コロナの渦に巻き込まれているようで、意味合い的にはあまり間違いではないような気もしますね。

ただし「なべ」は、誤用の上に、意味も伝わりません。

今回は以上です。

Swingin’ Thinkin’「新型コロナウイルス」関連記事

新型コロナウイルス対策曲(レゲエ)RYO the SKYWALKER、新型コロナウイルスをテーマにした曲(レゲエ)を公開

 

コロナウイルス撲滅ソング!

新型コロナウイルスの曲が、世界中で次々とリリース。「しっかり手を洗って撃退するぞ!」など予防法を訴える