洗えるiPhoneケースAndMesh(アンドメッシュ)は、丈夫ですぐ乾く! 新型コロナウイルス対策に

いくら手洗いをしっかり行っても、スマートフォンやそのケースがそのままだとウイルスや雑菌は付着したままです。

Apple製品に関しては、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、Appleがお手入れ方法を更新し「70%イソプロピルアルコール含有ワイプやクロロックス除菌ワイプでの消毒」を加えました。

では、ケースは?

今回は、iPhone・iPad用の最高のケース、AndMeshアンドメッシュシリーズのケースをご紹介します。僕の愛用品でもあります。

iPhone 11/11 Pro Max専用 AndMesh メッシュiPhoneケース(赤)

AndMeshの特徴

  • iPhone・iPadをしっかり保護
  • 丈夫(1年以上酷使しても全く劣化なし)
  • 洗える
  • すぐに乾く
  • 清潔に保てる
  • 安い

AndMesh iPhoneケースの洗い方。簡単!すぐ乾く!

AndMesh(アンドメッシュ)をiPhoneに取り付けて使用

AndMeshアンドメッシュケースをiPhoneに取り付けた状態です。

 

AndMesh(アンドメッシュ)を取り付けたiPhoneの裏面、うっすらAppleロゴが透けています

裏面はこんな感じ。Appleロゴが薄く透けて見えています。

 

AndMesh(アンドメッシュ)をiPhoneから取り外したところ

iPhoneから、AndMeshカバーを取り外しました。

 

おもむろに水道水で流します。

 

AndMesh(アンドメッシュ)にハンドソープをつける

AndMeshカバーにハンドソープをつけます。

 

手にハンドソープをつけて、手洗い

自分の手にもハンドソープをつけて、しっかりと手洗い。

 

AndMesh(アンドメッシュ)も手洗いと一緒にしっかりと洗う

AndMeshカバーも、隅々までハンドソープで洗浄。

 

AndMesh(アンドメッシュ)の泡を水道水で流す

手もカバーもしっかり洗ったら、水道水で洗い流します。

 

濡れたAndMesh(アンドメッシュ)

濡れた状態のAndMeshカバー。

 

AndMesh(アンドメッシュ)を振って水を飛ばす

これを、上下に振ります。

 

半乾きのAndMesh(アンドメッシュ)

これで、水滴は8割方取れました。

 

釣り下げて乾かすAndMesh(アンドメッシュ)

あとは、吊るすなどして乾燥させます。風通しの良い場所であれば、5分もあれば乾くでしょう。余裕をみても15分あれば十分に乾きます。乾くの早い!

洗浄について
メーカーサイトに「お手入れ方法」は掲載されていないので、洗浄については僕の自己判断で行っています。しかし、何度も洗ったり干したりしていますが、今のところ劣化したり、傷がついたりはしていません。恐らく問題はないかと思いますが、自己責任でお願いします。
この件、メーカーさんに追って問い合わせてみます。

【追記】AndMesh店様よりご回答を頂きました。「水洗い及び、中性洗剤による洗浄は全く問題ございません」とのことです。
よかった! これで安心して清潔さをキープしながら使うことができます。

エラストマー素材のAndMeshケース

iPhone 11/11 Pro Max専用 AndMesh メッシュiPhoneケース

AndMeshのiPhone・iPad用ケースは、弾力性に優れたエラストマー素材が使用されています。

これにより「ソフトケースの柔軟性」と「ハードケースの耐久性」の両方を兼ね備えています。また、米国国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠する高い衝撃性も備えているのです。

ぐにゃりと曲がるAndMeshケース

ほら、ぐにゃりと曲げられます。

 

AndMeshケースはおしゃれ

ゴムのようで、ケースが伸びてくることは全くありません。カッチリとiPhoneやiPadにハマります。

しっかりと本体を守ってくれているのに、エラストマー素材のおかげで、取り外したり、取り付けたりも容易なのです。

 

AndMeshケースは液晶やカメラレンズよりも高いので傷がつかない

また、AndMeshケースは液晶やカメラレンズよりも若干高いので、テーブルに置いたとき、液晶やカメラのレンズに傷がつかないのです。ここもポイント高し!

また、音量ボタン、ライトニングケーブル挿入口、スピーカー部分などは、きちんとくり抜かれているので、使用に違和感はありません。純正ケースと比較しても何ら支障なし。バッチリなサイズなのです。

 

AndMesh iPad用ケース

iPad用のAndMeshケースも、もちろんバッチリなサイズ感。しっかりと本体を保護してくれます。

 

AndMesh(赤)をつけたiPad

ところで、「この穴あきメッシュ柄はなぜ?」と思う方もいるでしょう。実はこれ、iPhoneやiPadを大切に守るためのものなのです。ケースに穴が開いていることで放熱し、本体に熱がこもるのを防いでくれているのです。

以上、AndMeshカバーの特徴です。

僕は個人的に1年以上、iPhoneで酷使していますが、まったく劣化も損傷もありません。iPhoneは10年ほど使い続けてきましたが、これほどまで丈夫なケースは初めてです。

価格も3000円ほどなので純正品よりも安いので、コスパ的にも最高! 出会えてよかった逸品です。