WordPress 4.8アップデート、記事投稿画面「Failed to load content css」エラーの原因と対策

WordPress 4.8アップデート、記事投稿画面「Failed to load content css」エラーの原因と対策

by -
WordPress 4.8アップデート、記事投稿画面「Failed to load content css」エラーの原因と対策

2017年6月9日、WordPressの新バージョンがリリースされました。WordPress 4.8 Evans(エバンス)です。

僕はWordPressを使ったサイトをいくつか運営しているのですが、それらをアップデートしたところ、そのうち1つにエラーが表示されるようになりました。ダッシュボードから記事投稿画面「投稿の編集」を開くと、画面に覆いかぶさるようにピンクでアラートが表示されるのです。

WordPress – Edit Post

macOS10.12、ブラウザをChromeからSafariへ

このエラーを検証するために、使用ブラウザを変更してみました。

パソコンはMacで、先のブラウザはGoogle Chromeでしたが、次にApple純正のSafariでWordPressにログインしたのです。

すると、エラーは表示されませんでした。使った感じも特に問題はありません。

同様のエラーが表示されている方は、試しにブラウザを変更してみてください。

エラーは、テーマ内のPHPファイル

エラーで指摘されているファイル名は、セキュリティを考慮して念のためボカシをいれていますが、ファイルはテーマ由来のPHPファイルです。

ディレクトリ「theme」内にある、あるPHPファイルがエラーとして指摘されているのです。

こうしたことから、このエラーは一般的なものではなく、テーマ由来であることがわかります。

同じテーマでも、サーバーが変わればエラーが出ない

では、サーバーとの関係はどうか?

僕は同じテーマを使い、違うサーバーで別のWordPressサイトを運営しています。しかし、エラーが表示されたのは、ひとつのサーバーのみでした。

エラーが表示されたのは「エックスサーバー」で、エラーが出なかったのは「ロリポップ」です。サーバー内のPHPのバージョンは、それぞれ以下の通りです。

  • 【エックスサーバー】PHP 7.0.16
  • 【ロリポップ】PHP5.3

PHPのバージョンを比較すると、こことの相性が疑わしいです。

ちなみにPHP 5.3は、実はサポートが終了した古いバージョンです。セキュリティを考慮すれば、今すぐにでもバージョンアップしないといけないのですが、しばらくそのままになっていました。

調査継続します

WordPress 4.8は、4.7.xからの大きなアップデートの最初のバージョンです。近いうちに修正版がリリースされる可能性があります。

サイトの表示や運営には支障はなさそうですので、しばらくは無理な対策を控え、少し様子を見たいと思います。また、続報あれば追記します。

同じエラーが表示される方は、まずは違うブラウザでログインしてみてください。