世田谷で高い放射線量 除染を検討

今年2011年3月11日に発生した東日本大震災から7ヶ月。死者は約1万5,800人、行方不明者は約3,900人。全国でいまだ約7万3,200人が避難生活を送っている。 そんな中、「東京・世田谷で高い放射線量が計測された」というショッキングなニュースが報道された。
THE WAVE

『独裁』。第二次世界大戦中のアドルフ・ヒトラー総統が率いる「ナチス・ドイツ」がまず頭に浮かぶ。しかし、それらは過去のもの、という意識が自分のなかにはあった。多くの方もそうなのではないだろうか? この映画の舞台は、ドイツの高校。授業で「独裁の実習」が行われ、その教室、生徒達の変化が描かれている。
Steve Jobs (Apple)

2011年10月6日朝、うとうとベットの中で聞いていたテレビニュースで飛び起きました。Steve Jobs(スティーブ・ジョブズ)が亡くなったと….。 すい臓ガンを患いながらも、闘病を超える鬼神のいきおいでAppleをひきいていました。病魔のせいか見ためはやせ細っていましたが、彼の疾走感あふれる生き様に、まさか命の灯火が消える日がくるとは想像出来ませんでした。
kette★

偉人の名言に共感を受けて、自身の「座右の銘」としている方は多いと思います。 自分は、兄貴的存在として勝手に慕わせて頂いている、kette★のロットンさんがふと口にした言葉に感動。以来、自分の座右の銘とさせて頂いています。ロットンさんとは、日本のレゲエシーンを黎明期より支え、今はファッション・ブランド「kette★(ケテ)」の展開、レゲエ・イベントの主催などを行っている方です。自分がかつて業界内で名も無き頃、非常に重要なフックアップをして頂いた恩人です。
SEIRA YONAMINE

世の中は、ますます個人発信の情報が重要になってきています。 これまではテレビ、ラジオ、新聞、雑誌といったマスメディアが情報の主軸でした。しかし2000年以降、インターネットが急速に広まるにつれ、ネット出身のキーパーソンが多数出現しています。今の原宿ファッションを世界に広める女子ブロガー、人気本を多数出版するまでになったカリスマ料理主婦、個人レベルのニュースサイトで世相を斬るアルファブロガーなど。また、今年3.11に発生した東日本大震災時では、個人が発信するツイッターやユーストリームの情報が、テレビやラジオの情報を凌駕しているを目の当たりにした方も多いと思います。 19歳の女の子が、20歳の女性へとなった日からはじめる『はじめてのブログ』。
ジャマイカ政府観光局

人前で話すのが、生まれもって得意なんで方はいるんでしょうか? 先日、ジャマイカ政府観光局・日本事務所のM女史から「今度レゲエの講師をして欲しいの。お願いね!」と電話。自分は完全なる裏方気質。人を観察、取材する事を稼業としているので、失礼ながらも反射的に「マジっすか!」と即叫び。「大丈夫。大丈夫♪ 短くてもいいから、じゃぁお願いね!(ガシャ)」。 ・・・え、引き受けてしまったよ。
「アイデア」が生まれる人脈

人が好き。人に紹介してもらって初対面、実はその人がすごい経歴の持ち主で…なんて出会いがあると興味津々。「どういう人生を歩んだら、そんな事になるんですか?!」と根掘り葉掘り聞いてしまいます。
読売新聞(2011年3月11日 号外)

3.11の大震災から約2ヶ月半。 地震・津波などの自然災害に加え、原子力発電所が爆発事故を起こすという人的被害(*1)も発生しました。未だ復旧の目処が付かない現状。沢山の人が亡くなり、沢山の人の生活が失われ、沢山の人が明日への不安を抱えています。犠牲になられた方々、そしてご遺族の皆様へ深くお悔やみ申し上げます。また、被災地の一日も早い復興と皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。 自分は、東京で生活しています。幸いにも…という表現は大変失礼な表現ですが、直接的な被害は受けていません。そんな私ですが、自分自身の今の気持ちを忘れない為にも、自分の目で見たもの、感じた事を、自身の記録としてここに残します。

もーれつに生きる。 岡本太郎の精神、生き様に大衝撃を受けました。 自分は、最近まで岡本太郎が苦手でした。絵はオドロオドロシクて不気味だし、太陽の塔だってだだっ広い万博記念公園にモアイ像のようにポツンとある意味不明な物体だし、テレビのイメージでは目をひんむいて睨む変なオッサンだし…。 最近では、渋谷駅に巨大な壁画「明日の神話」が設置されて話題になったけど、何が良いのかサッパリ判らず、横目に見ながらスルーしていました。
記事の続きを読む

アナタにとって時間とは? 神様がみんな平等に与えてくれた、一日24時間の事?
記事の続きを読む

おちまさとの教科書が無いけど、教科書が欲しい教科。前作「企画」に続いて、今度は「初対面」。なるほど!そこを行くのか!!と、それをチョイスする企画に感銘。自分自身、初対面は苦手では無いと思って手に取りましたが...。
記事の続きを読む

趣味「企画」。企画の連発を火山の噴火になぞらえ、"何気の24時間臨戦態勢"でライフ・スタイルを企画人化。企画を連発させたい!前作を読んで企画の魅力にハマった方は、その企画脳を24時間グツグツと煮えたぎらせてみてはいかがでしょう?