タワレコが4,000%の売上増! 脅威のデータベース管理システムとは?

タワレコが4,000%の売上増! 脅威のデータベース管理システムとは?

by -
タワレコが4,000%の売上増!脅威のデータベース管理システムとは?

タワーレコードのオンライン・ショップ「TOWER RECORDS ONLINE」の売上がスゴいんだそうです! ある施策により、これまでの低迷から脱出。キャンペーン時の売上が《4,000%増》になったんだとか。

タワーレコード・オンライン

■参考リンク
驚異の4000%成長! タワーレコードのオンライン事業に何が起きたのか:IT Media

タワレコWEB、売上爆発までの歩み

  • 1979年 タワーレコード日本進出。操業開始。
  • 1980年 札幌に日本1号店
  • 1997年 Eコマースサイト「@TOWER.JP」オープン
  • 2001年 音楽情報サイト「bounce.com」開設
  • 2002年 携帯サイト「TOWER MOBILE」開設

「Amazon.co.jp」や「HMV ONLINE」に遅れをとる…。

手当たり次第のキャンペーンではなく、
One to Oneマーケティングだ!

  • 2012年 顧客管理システム「IBM Unica Campaign」導入
  • 2013年 キャンペーンの売り上げが4,000%伸び!

顧客データを分析したことによって、30日以内に購買があると離反率が下がるということが判明。そこで30日間購買がない顧客、60日間購買がない顧客、90日間購買がない顧客というセグメントに分け、30日以上購買がなかった顧客に対して、割引クーポンなどのキャンペーンメールの送付を開始した。

驚異の4000%成長! タワーレコードのオンライン事業に何が起きたのか (2/2) より引用


 

最近、タワレコからのメルマガが多かったのは、これだったのか! 毎回クーポンが付いているので、買う買わないに関わらず、思わずクーポンだけは取得して、ウェブショップ内を散策していました。

そして更に、今後の作戦として…。

 


現状のキャンペーンメールというアウトバウンドマーケティングにとどまらず、顧客の購買行動をトラッキングして関連商品を薦める「レコメンデーションシステム」や「リターゲティング広告」といったインバウンドマーケティングの準備も始めているという。

驚異の4000%成長! タワーレコードのオンライン事業に何が起きたのか (2/2) より引用


 

インバウンド・マーケティングとは、今話題の手法です。しっかりとした良質なコンテンツを制作し、それ見た方がTwitterやFacebookといったSNSなどでシェアしてくれる事により認知度を上げて行く。そして顧客につなげて行く、というやり方です。

小手先のSEO対策とは違い《魅力あるコンテンツを作る》というのが大事な部分です。

また、インフォバーン社LIG社のように、企業をメディア化するオウンド・メディア・マーケティングも、それに近い手法ではあると思います。

既に自社メディア「Bounce」を持っているタワレコですので、今後の展開が楽しみです!

 


実践インバウンド・マーケティング~成功の鍵は戦略PR×インバウンド×CRM~
西江 肇司 谷井 等
宣伝会議
売り上げランキング: 15,089

インバウンドマーケティング
高広 伯彦
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 1,767


ぶっちゃけタワレコは良い!

CDって、発売日の前日には店頭に並んでいたりするじゃないですか。ファンとしては、一刻も早く聴きたい!そんな想いを知ってか、タワレコ・オンラインで予約購入すると、前日に届きます。

すべてじゃないかも知れませんが、この配慮は嬉しいです! ちょっとしたタワレコのステッカーも付けてくれてたり、梱包も丁寧だったり、音楽愛も感じます。

タワレコ手法から学ぼう!

ダウンロード販売におされ、CD,DVDといったパッケージ商品が売れなくなっている世界のトレンドの中で、タワレコが売上を伸ばしているとは、とても凄いことだと思います。

2012年、音楽ソフトの売上額で、日本が遂にアメリカを抜き世界一になりました。今や、日本は世界トップの音楽大国なのです。販売内訳は、ダウンロード以外の《CDやレコード》が占める割合が約80%だったそうです。

AKB48だけではないですよ! Mr.Childrenのベストアルバムが100万枚以上のセールスとなりました。恐らく30代・40代のお客を、ガッチリとつかんでいるんだと思います。

日本の音楽産業やタワレコ手法。ここから学べる事も色々ありそうですね。