人生のスーツケーツに詰める荷物を考える。映画「マイレージ、マイライフ」。

人生のスーツケーツに詰める荷物を考える。映画「マイレージ、マイライフ」。

by -
マイレージ、マイライフ

マイレージ、マイライフ [2009年アメリカ]
「衝撃!」:☆☆☆


正月休み、新年最初なので「いい気分で見れる映画」ということで、レンタル・ショップGEOで新旧洋邦問わずで物色。ヒューマン・ドラマのカテゴリーにあった、この映画をチョイスしました。

マイレージ、マイライフマイレージ、マイライフ [Blu-ray]

主役のジョージ・クルーニー演じるライアン・ビンガムは、リストラを告知する『解雇宣告人』。1年のうち320日ほどは出張生活で、毎日世界中、さまざまな企業へと派遣されている。

「わが家は空港」と自負するほど、空港やホテルでの行動はスマートで、まさにデキるビジネスマンといった印象の主役。「バックパックに入りきらない人生の持ち物は背負わない」をモットーに、結婚にも興味を持たず、人付き合いも最小サイズのシンプルライフを送っている。ひそかな夢「1,000万マイル貯める」を持ちながら、独身、単身で、仕事を確実にこなして行く。

そんな彼が、仕事や人生において、転機をもたらす人物と出会うのだが…。さて、その行方は。

この映画の主役ライアン・ビンガムに、同感する、憧れる、そんな男性は現代においては多いと思う。スキルとパソコンがあればどこでだって仕事が出来る職種も多いこの世の中、女性関係だって一人にしばられず、大人の関係でいられる女性がいればそれで良い。そんなスマート&フリーダムな男は、クールでかっこよく思えるものだ。

しかし、人の価値観というものは人それぞれ。そんな価値観について、「自分はどうか?」と思わず自問自答してしまいながら楽しめる映画です。

マイレージ、マイライフ
マイレージ、マイライフ [Blu-ray]
ジョージ・クルーニー (出演), フェラ・ファーミガ (出演), ジェイソン・ライトマン (監督)
2009年 アメリカ

amazonAmazonで購入
楽天ブックス
楽天ブックスで購入


<最後にひとこと>
出演者の数が少なく、ストーリーもシンプルなので、ライトに見ることができる。自分の人生にとって大切なことは何か?仕事?家族?お金?ステータス?自由な時間? 新年最初の映画としてはよい映画の選択が出来ました。