60点「白ゆき姫殺人事件 (2014年)」- Amazon プライム・ビデオ

60点「白ゆき姫殺人事件 (2014年)」- Amazon プライム・ビデオ

by -

Amazonプライム会員向けに、おまけサービスとしてはじまった「Amazonプライム・ビデオ」。会員限定の特典に加えて、追加料金なしで「映画・ドラマ見放題」が加わりました。年会費3,900円(ひと月あたり325円)。

僕はもともとプライム会員だったので、追加料金なしに、映像コンテンツ見放題が手に入ってしまったわけです。笑 「月額料金を払っているから見ないと!」という気負いがないので、気が向いたときに見ていこうと思います。

そんなAmazonプライム・ビデオで無料視聴した作品を、100点満点でレビューしてゆく企画。

今回はプライム・ビデオのページで、大きくバナーでプッシュされていた邦画を観ました。さて、その映画とは一体……?

■Swingin’Thinkin’ 関連記事

白ゆき姫殺人事件(2014年)

白ゆき姫殺人事件
白ゆき姫殺人事件

映画やドラマのなかで、GoogleのパロディーSaaagasなど、検索サイトやSNSを模して使われることはよくありますが、この映画では本物のTwitterがでてきます。これ、映画に登場するテレビ番組制作会社の契約社員、赤星雄治のツイートです。

SNSが絡むことで、どうやって人は善意の斧を振り上げ、ネット上でバッシングを行うのか。炎上とか、祭りとか、そういったことが起きて、ネット民の民意がドーッと流れてゆく様が面白かったです。 今どきですよね。ついツイッターでつぶやいて拡散。 自分はフォロワーが少ないから誰にもみられていない……という安心感からか、うっかり重要なことをつぶやいてしまう。それを、ネットウォッチャーなんかに見つかってしまう。 ついこないだ話題になった、東京オリンピックのエンブレム・パクリ疑惑の炎上をちょっと思い出しました。 とにかく人というのは、噂で他人を判断し、悪い方にも、良い方にも、容易に考えが転がってゆく。端からみると「いい加減だなぁ」と……。

また、人の見え方も、人それぞれ。同じ人物も、Aさん、Bさん、Cさん、それぞれ違った見え方でその人を見ている。

映画のタイトルに殺人事件とついているので、「犯人は一体だれかのか?」がテーマではあるのですが、ネットでの炎上って決して他人事ではないよなぁ……と、ちょっと怖かったです。

映画自体は、割とシンプルですので、見ていて頭が混乱することはないでしょう。Amazonプライムビデオですので、スマホでサクッと見るにも、ちょうど良い映画だと思います。ストリーミングだど通信代がかさむので、Wi-Fi環境でダウンロードして「外出先で暇なときにみてみよう」って感じで楽しんでみてはいかがでしょうか。面白かったですよ!

■関連リンク
Amazonプライム会員登録はコチラ(30日間おためし無料期間あり)

Amazon プライム会員特典

  • 【プライム・ビデオ】映画・ドラマが見放題!new!
  • 【お急ぎ日】通常360円、514円が使い放題
  • 【お届け日時指定】通常360円が使い放題
  • 【毎月1冊KIndle本をプレゼント】Kindle端末を持っている方限定
  • 【タイムセール】会員限定で30分早く参加できる
  • その他、お得な特典やキャンペーンが色々展開!

Fire TV Stick

Fire TV Stick

posted with amazlet at 15.09.24
Amazon (2015-10-28)
売り上げランキング: 1