レゲエオタクの音楽ライターSOLO BANTON(ソロバンタン)は、ウェブに強くて、グラフィックも得意!

レゲエオタクの音楽ライターSOLO BANTON(ソロバンタン)は、ウェブに強くて、グラフィックも得意!

by -
レゲエオタクの音楽ライターSOLO BANTON(ソロバンタン)は、ウェブに強くて、グラフィックも得意!

前職、レゲエ専門のロッカーズ・アイランドを退社してから早3年半(関連記事)。

僕は今、ライターやメディア運営・編集をおもな生業とし、フリーランスとしてジャンルの垣根を越えて自由に活動しています。以来、さまざまな業界のメディア編集部さんと知り合ってきましたが、よく言われるのが「北野さん、○○に得意なライターさんを紹介してもらえませんか?」という相談。

たとえば、「ITが得意なライター」「美容が得意なライター」「食レポが得意なライター」「英語が得意なライター」など、まさにジャンルレス。

若者が追随しない、レゲエライターという職種

そんな中、ほんと枯渇しているなぁ〜と感じるのが「レゲエが得意なライター」。

レゲエライターは、僕なんかよりはるかにベテランのライターさんは何人もいます。でも、その多くは40代以降で、20〜30代の若者ライターさんは意外と居ないのです。

若者が追随しない業界(職種)って将来的に消えゆく運命なんじゃないのか……と、危機感を覚えました。

レゲエが得意なライター、SOLO BANTON(ソロバンタン)

でも今は、僕が自信を持っておすすめできる新世代の若者レゲエライターが居ます! それは、ROCKERS channelでも活躍していただいた、ブロガーとしても知られるSOLO BANTON(ソロバンタン)です。

熱心なレゲエファンはご存知の方も多いと思いますが、僕から見る彼の特徴を、ザザッとピックアップします。

<GOOD>

  • ブログを10年以上書き続けている(ラストダンスはブンバイバイ/
  • 年齢は30代前半、知識量は40代後半
  • 記事ネタ案を依頼したら、いくらでも出てくる
  • 専門用語を多用せず、読者の理解を優先する
  • レゲエだけに限らず、ストリートカルチャー全般が守備範囲
  • 洋楽・邦楽、どちらも書ける
  • SEOを意識した記事が書ける
  • フォトショップ、イラストレーターが得意
  • 素直

<BAD>

  • 福井県に住んでいるので、都心で顔を合わせて仕事をするのが困難

雑誌へも進出

そんなSOLO BANTON(ソロバンタン)ですが、先日、47年間も続く老舗音楽月刊誌「MUSIC MAGAZINE」に寄稿しました。紙媒体への本格進出第一歩! というところでしょうか。さっそく読ませていただきましたが、実にうまい。小気味良いテンポでオチも抜群でした。

詳しくは、以下の彼のブログ記事にて。

 


ミュージックマガジン 2016年 07 月号
ミュージックマガジン 2016-06-20
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 

またSOLO BANTON(ソロバンタン)は、ストリートカルチャーを伝える月刊誌、WOOFIN’にも近日登場予定だそうです。

ウェブと紙。両方のメディアでその手腕を振るい始めていて、今後の彼の活躍はますます楽しみです!

ということで、「レゲエが得意なライター」を探してこの記事にたどり着いた編集さん。レゲエ、ヒップホップ、ストリートカルチャーが書ける、SOLO BANTON(ソロバンタン)。イイですよ〜。

■関連リンク