浅田真央、堀江貴文から学ぶ『済んだことを気にしない』生き方。

浅田真央、堀江貴文から学ぶ『済んだことを気にしない』生き方。

by -
浅田真央、堀江貴文から学ぶ『済んだことを気にしない』生き方。

前向きに生きよう!

そう心の中では思っていても、不安、妬み、怒り、イライラなど、ネガティブな要素が頭のなかを占領し、無駄に心労することが良くあります。

僕は自分が思っていた結果が得られなかった時や、思わぬ失敗をした時は、「あぁぁーーーー!くっそぉ!なんでやねん!!」と心の中で叫んでいます。表には出しませんが、心の中では小さなことに一喜一憂しながら日々を過ごしています。

昨日、ソチから帰国した浅田真央さんのニュースを見て「ハッ!」と思い出しました。「ホリエモンと同じだ…」と。浅田さんと堀江さんは『前向き型』という共通点があったのです。

ざわ…ざわ…ざわ…

浅田真央「終わったことなんで何とも思っていない」

真央 軽やか反撃「森さん後悔している」(日刊スポーツ)

ソチ冬季オリンピックから帰国したフィギアスケート選手の浅田真央さんの会見が行なわれ、外国人記者が「森元首相の『あの子、大事な時に必ず転ぶ』失言はどう思うか?」の質問を投げかけました。

それに対して浅田真央さんは「終わったことなんで何とも思っていない」と、サラリと返答。

くじけない報道陣は、最後の最後でまた同様の質問を投げ掛けました。しかし…。


「ああいう発言をして、森さんも少し後悔しているんじゃないかと少し思います」と、場を和ませるかのように、やんわりと反撃。すると、会場は拍手喝采に包まれた。

真央 軽やか反撃「森さん後悔している」:日刊スポーツより一部引用


 

なんという鮮やかさ。
しっかりと前を向く浅田真央さんの器量の大きさを感じました。

ホリエモン「変なプライドは捨てましょう!」

堀江貴文さん(@takapon_jp)のYouTubeチャンネルで連載中の「ホリエモンのQ&A」。2014年1月26日公開の「Vol.146~トラウマの解消法!?」で、メルマガ読者からこんな質問が寄せられました。


Q:失敗した時の事や将来の不安が頭をよぎり、気分­が沈む事があります。堀江さんは、このような経験はありますか?

A:ないですね。さくっと忘れます。


 

ゲスト出演の元東京大学教授の船曳健夫さん(@funabikitakeo)は、堀江さんに食い付きました。

ホリエモンのQ&A

『堀江くんは嘘ついてると思う』。

それに対して堀江さんは、「全然なんない(落ち込んだりしない)」と答えました。

ホリエモンのQ&A

アシスタントの寺田有希(@terada_yuki)さんも「ちょっとは、よぎりますよね?」と質問をかぶせますが、堀江さんは「全然」と一蹴。

ホリエモンのQ&A

堀江さんはこう続けます。「しいていえば、ゴルフやテニスの時は昔の失敗が頭をよぎることはある。だから僕はスポーツ不得意なんじゃないか」と。

ホリエモンのQ&A

船曳健夫さんは「ゲームは勝負がつくから緊張するけど、人生だと『まぁいいや、次行けば』と思ってるんじゃないか」と、堀江さんを読み解きました。

これに対して堀江さんは「そうかもしれない。羞恥心がだんだんなくなってきたからじゃないかな。変なプライドとか」と自己分析します。

前向き力!

特に堀江さんは刑務所から出所しての活動再開なので、様々なバッシングも多かったでしょう。大きなハンデを背負いながら、前進しつづけるチカラは凄いです。そこには過ぎたことを気にしない前向きなチカラ、という秘訣があったんですね。

言い換えれば、後ろばかり気にしているうちは大成できないということ。浅田真央さん、堀江貴文さんの前向き力。ぜひ、見習って行きたいです!


ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
堀江 貴文
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 134

刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話
堀江 貴文
文藝春秋
売り上げランキング: 5,499

浅田力と堀江力で、困難を乗り切る!

過去を振り返って不安を募らせるのは本当にムダ。無駄だとわかっていても、なかなか難しいんですよね。昔『鈍感力』って流行りましたけど、それよりも『浅田力』『堀江力』ですね!