代官山タピオカミルクティー春水堂が大盛況!東京はニュースになりやすい。

代官山タピオカミルクティー春水堂が大盛況!東京はニュースになりやすい。

by -
代官山タピオカミルクティー春水堂が大盛況!東京はニュースになりやすい。

今日、晴れた日曜日、東京・代官山を全体的にブラッと歩いていました。

蔦屋書店(DAIKANYAMA T-SITE)は相変わらずの賑わいだったけど、代官山全体としては、なんとなく活気が薄い。東急東横線の線路沿いを、渋谷方面へ少し歩いたアイスクリーム屋へ行きたかったんだけど休み。日曜日に休みとは閉店なんだろうか?

さらに足を進めると、テナントの空きもチラホラ。

ひときわ大盛況!タピオカミルクティーの春水堂。

タピオカミルクティー春水堂(チュンスイタン)

最近は代官山の人気がないのかなぁ…と思って歩いていると、代官山駅西口近くにある小さなお店が大繁盛。

何かと思えば、タピオカミルクティーのお店でした。春水堂(チュンスイタン)という名前です。店内、お店の前だけにとどまらず、店の周辺もテイクアウト客で溢れていました。

もしかしたらオープンしたばかりなのかな?と思い、すかさずスマホで検索すると、オープンは今年7月27日。新しいといえば、新しいですが、すでに2ヶ月以上経っています。

そういや東京では珍しい?

タピオカミルクティー発祥は台湾です。横浜中華街へ行けば、もう何年も前からタピオカミルクティーのお店が沢山あります。看板には『QQ』と書かれているのですが、これはタピオカのくにゃっとした食感の事を言うそうです。

また、僕の地元大阪でも、アメリカ村辺りにはタピオカミルクティーのお店が数年前より何軒かあります。

でも考えてみれば、東京にタピオカミルクティーのお店って、あまり無いのかも?

さすが東京!「タピオカミルクティー」で検索すると大量のニュース記事がヒット。

春水堂(チュンスイタン)ウェブサイト

http://www.chunshuitang.jp/
東京都渋谷区代官山町20-9 アクシス209代官山1F
03-6809-0234

 

春水堂は、タピオカミルクティー発祥の店として、台湾でも人気のカフェチェーン海外1号店なんだそうです。

なるほど。タピオカミルクティーが大ブームというより、人気カフェの海外初出店、というのが大きいのかも知れません。

興味ある方は、Googleで《タピオカミルクティー》と検索してみてください。春水堂日本上陸のニュース記事が大量にヒットします。タピオカミルクティー自体いまや珍しいもので無いにも関わらず、この取り上げられっぷりは流石東京、と感じます。

タピオカミルクティー = 代官山の春水堂

そんなインパクトです。

 

東京礼賛という訳ではありませんが、東京は人口の多さに加え、メディア関係者も多く、常に新鮮なネタ(話題)を求めている人が多くいます。テレビや雑誌をみても、やたらと東京のお店が紹介されているのは、皆さんも感じている事でしょう。

新しいビジネスを展開する際、東京はやはり有利に感じます。


<最後にひとこと>
北欧の低価格雑貨店「タイガー」は、日本初出店が大阪のアメリカ村でした。オープン直後の行列や売切れ騒ぎは、テレビニュースでも報道されていたので知っている方も多いと思います。

タイガーは日本初上陸大阪で手応えをつかみ、その後、先日10月2日に表参道(東京・渋谷)に関東初出店しました。

本文の趣旨とは違いますが、仕掛け方として、新しい流れも来ているようですね。

■Swingin’ Thinking’ 関連リンク