予想通りApple製品が円安で一斉値上げ。MacBook Pro、Air、iPhoneだけでなくアクセサリーまで。

予想通りApple製品が円安で一斉値上げ。MacBook Pro、Air、iPhoneだけでなくアクセサリーまで。

by -
予想通りApple製品が円安で一斉値上げ。MacBook Pro、Air、iPhoneだけでなくアクセサリーまで。

本日2014年3月10日(アメリカ現地時間3月9日)、Appleの新機種発表会がおこなわれ、新たなラインナップ「Apple Watch」、そして新規モデル「MacBook 12インチ」に湧きました。

それを背景に、日本のアップルストアでは最近の円安に合わせて一斉値上げ。

くそっアップルめ……と怒る方もいると思いますが、実は「アップル、これまでよく抑えてくれた!」というところなのです。というのも、昨日まで日本のAppleストアでは為替レート「1ドル=約100円」で販売価格が設定されていました。

実際2014年8月まで1ドル100円だったのですが、アベノミクスの経済政策などが追い風となり急激な円安に。2014年12月から現在に掛けて、1ドル120円前後を推移しています。120円前後になってからの約7ヶ月間、アップルは過去の良い為替レートをキープしてくれていたのです。おかげで、アップルの本家アメリカで購入するより、日本で購入する方が安い、という逆転現象も起きていました。

それがようやく「現行のレートに是正された」ということなのです。

昨年12月に買ったMacBook Pro 15インチは、3万4千円の値上げ。

150104_macbook_pro_15inch_retina_iMac27

個人的にはズバリ予想通りでした。
昨年12月、円安に後押しされ「MacBook Pro 15インチ Retina ディスプレイ」を購入したのです。

■Swintin’Thinkin’ 関連リンク
→ 円安で値上げする前にMacBook Pro 15インチを買いました。どこにいても全ての作業ができる環境に!

為替の変動と過去のアップルの動向を比較し、「まもなく一斉値上げがある」と考えていました。アップルは数ヶ月遅れで為替レートを反映し、MacやiPhoneなどの製品、Appストアのアプリなどダウンロード販売の価格を安くしたり高くしたり変動しています。それが間もなくである、と考えた訳です。

本ブログSwingin’Thinkin’を読んで、「円安で値上げする前に早めに買います!」なんてTwitterでメッセージをくれた方もいて、ちょっと役立てたかなと思います(ドヤ顔すんません ^^;)。

具体的には、以下のように変化しました。

2015年3月9日までのApple Store。

▼(左)アメリカ (右)日本

150104_applestore_usa_japan_kawase2

 

2015年3月10日からのApple Store。

▼(左)アメリカ (右)日本

150310_applestore_usa_japan_kawase2-580x622

244,800円が282,800円に。34,000円(13,7%)の値上げとなりました。ただしこれは消費税抜きの価格ですので、実際は36,720円(税込み)の値上げとなります。

このMacBook Pro 15でみる為替レートは「1ドル113円」。実際は120円ですので、これでも控えめな価格設定といえるのです。

ただ、4月の新学期・新年度を控え、このタイミングでの値上げは厳しいですね。

値上げ対象は、MacBook、MacBook Air、iPhone、iPod、AirMac、マウス、キーボード、ライトニングケーブルなど多数。

僕がスクリーンショットを撮っていたのは、自分が購入した「MacBook Pro 15」のみなので他の機種の比較はできませんが、値上げの価格比較を公開しているサイトがありました。

詳しく知りたい方は、こちらのサイトを見てください。

■関連リンク
→ AppleがiPhone、iPod、MacBookで怒濤の値上げラッシュ!円安の影響か..! | IT Strike
→ Apple、「AirMac」シリーズや各種純正アクセサリの価格を値上げ|気になる、記になる…

円安の影響で値上げしたもの。

原油大暴落の影響で、ガソリンが随分値下がりしました。レギュラーガソリンが1リットル180円台を超えた事もありましたが、今は120〜130円台ではないでしょうか。もし石油が暴落せず、円安がそのままガソリンに反映されていたら200円台は必至だったでしょう。

ガソリンが安くなったせいで円安が一見和らいで感じるのですが、実は円安で既に値上げ済みの商品はいくつもあります。最近のニュース記事より一例をあげます。

身近な生活用品から、高価な輸入車まで、多くの製品が影響を受けています。国内メーカー産であっても原料を輸入している場合もあるので、Appleのように輸入品ばかりが上がる訳ではありません。また、海外との取引をされている方、海外旅行や出張へ行かれる方は、当然費用がかさんでいるでしょう。

反面、輸出が主なトヨタは、過去最高利益が出ているようです。

このバランスで日本の経済が上向けば良いのですが、今後どうなるんでしょうね。アベノミクスばかりを批評する人もいますが、経済は世界と連動しているので、行方を知るには世界の動きを見ておく必要があります。

日本の景気が良くなるのか、悪くなるのか。自分が関わっている業界が、今後上向くのか、衰退するのか。それとも景気は関係無しに、自分の道を貫くのか。その見極めによって、あなた個人の戦略も変わってくるでしょう。ひとりの人間が出せるパワーには限界があるので、しっかり見極めて行きたいですね。


<最後にひとこと>
Apple Watchは皆さんどうですか? 僕はAppleファンなので気にはなっているのですが、iPhoneとMacのプッシュ通知で疲れ気味なので、腕にまで通知に縛られたくないな、という気持です。Apple Watchの日本発売は4月24日。現物を手に取ったら欲しくなるのかな。