確定申告へ行って来ました。2014年度分からは帳簿必須で白色申告のメリット無し!

確定申告へ行って来ました。2014年度分からは帳簿必須で白色申告のメリット無し!

by -
確定申告へ行って来ました。来年2014年度分からは白色申告のメリット無し!

ベルサール渋谷ファースト / 住友不動産渋谷ファーストタワー仕事がひと段落したタイミングで、確定申告へ行って来ました。

確定申告時期は、税務署ではなく特設会場で申告受付が行なわれます。手慣れた方はeTAXといって、自宅のパソコンからオンラインで手続き出来るのですが、僕は不慣れなため確定申告特設会場へ。

住んでいる(事業所がある)地域によって会場は違うのですが、自分の場合は、青山学院大学裏手にある住友不動産渋谷ファーストタワー2Fの『ベルサール渋谷ファースト』です(*1)。

*1. 渋谷区東1-2-20【開設期間】平成26年2月12日(水)から3月17日(月)まで。【受付】午前8時30分から午後4時まで。

大げさな高層ビルに尻込みしつつ、会場へ入ったら、大量の人!人!人!

僕は今回白色申告でしたので、会場のパソコンで各項目(収入、経費、国民年金、国民健康保険、民間の保険など)を入力し、持参した支払調書などを添えて、提出すれば完了です。係員の方は親切ですので、何でも丁寧に教えてくれます。会場に入ってから30分程度で退出できました。

2014年度から、白色申告のメリットがなくなる。

ダイヤモンド社さんのサイトに、わかりやすい記事がありました。

■関連リンク
→ フリーランスが注意すべき「白色申告」の落とし穴 ――「ぶっちゃけ税理士」の お金の「ソン・トク」ぶっちゃけます。 :ダイヤモンド・オンライン

上記の記事、要約すればこうです。

  • 白色申告の最大のメリットは「キチンとした帳簿でなく、簡易帳簿でいい」。
  • 2014(平成26)年1月から、白色申告者も帳簿をつける義務が課される。
  • ちゃんとした帳簿をつけるなら、白より青色申告の方が良い。節税になる!

青色申告は『特別控除10万円または65万円を受けられる』『赤字が3年繰り越せる』などメリットがあります。白色申告は特別控除も赤字の繰り越しも出来ません。

これまでは、ちゃんとした帳簿(複式簿記)が面倒だから、本来青色申告した方が節税になるにも関わらず、白色申告している人が多いと思います。しかし、今年から(来年度の確定申告から)白色でも帳簿が必要になるので、白色のメリットが消滅する、という訳です。

ちなみに、青色申告するには、税務署に『開業届』『青色申告承認申請書』を提出しておく必要があります。

フリーランス関連書籍(確定申告、税金、帳簿)

・・・と、偉そうに書きましたが、フリーランスや個人事業主の本は、すでに2冊以上読んでみたのですが、なんとな〜くしか理解できていません。^^;

今年は帳簿に関して勉強しないとです。


フリーランスの教科書 (星海社新書)
見田村 元宣 内海 正人
講談社
売り上げランキング: 26,824

開業から1年目までの 個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金
望月 重樹
日本実業出版社
売り上げランキング: 8,573


経費で落ちるレシート・落ちないレシート
梅田 泰宏
日本実業出版社
売り上げランキング: 725

<最後にひとこと>
プロブロガーのイケダハヤトさんは、自動会計ツール「freee」を絶賛しています。

“excelで収支管理する時代は終わりますね。確定申告で苦労した人はぜひお試しあれ。きっと感動しますよ。今年はこいつを使ってみようと思います。” との事。気になりますね! → 自動会計ツール「freee」を使ってみた—これは青色申告ソフトの決定版だ!