音楽

音楽

パンク&ロックを輝かせたアートたち「Art of PUNK&ROCK」展

ネット普及以降、無料で聴ける音楽が身の回りに溢れ返り、よっぽど気に入ったアーティストのCDアルバムを買う、というのが主流になったように感じます。インターネット以前、さらに言えばメディアがまだ少なかった時代は、ジャケットやポスターに心をくすぐられ、手に取ったレコードに期待してレジに並びました。
木の葉とターンテーブルでリズムトラックを制作する手法。イタリア人Diego Stoccoさん。

ターンテーブルの針の代わりに、外で集めてきた木の葉で音を鳴らしています。それで奏でられた音は、まるでダンスホールレゲエのリズムトラックそのもの。特にベースラインが渋い!このままDeeJayが歌を乗せて曲を作ってしまえるのでは?イタリア人サウンド・デザイナーによる斬新な音楽の手法を紹介します。
レゲエの人気が落ちてる説は大嘘。だけど夏に人気はかなり本当!

近年よくあるのが「最近は音楽業界が低迷している」というネガティブトーク。さらに「レゲエは今、人気がない」という話題も。断言します。それは大嘘です。ウソっぱちです!CDや配信販売が苦戦しているのは本当だと思いますが、レゲエを求める気持ちは衰えず、人気が無くなっていると言う事はありません。
猪瀬東京都知事へ。大人の社交場はカジノではなく、クラブです。

猪瀬東京都知事、ちょっと待ってください!「カジノのような社交場が東京に無いのは不自然」と発言した、とのニュースを見ました。カジノなんかよりクラブの方が断然ふさわしいですよ。カジノなんて一攫千金が目的で、そもそもそれは社交じゃない。
ZUMBA初参加してきました。まるでダンスホール!レゲエとの違いなど体験記。

ZUMBA(ズンバ)という、ダンス・フィットネス・エクササイズに参加してきました。自分自身、スポーツジム歴は10年以上と長いのですが、今まで一度も足を踏み入れた事が無いのがスタジオ・レッスン。…面白い!音に合わせてカラダを動かすのがこんなに楽しかったなんて。
大人が楽しめるクラブイベント「EXTRA CLASSIC」で時空間を超えた上質なレゲエを堪能。

20数年前、1990年自分が高校生だった頃、音楽にどっぷりハマっていた時期がありました。インターネットが無い時代で、FMラジオを録音するエアチェックに明け暮れ、ジャンルレスな曲の探求が毎日の楽しみ。ただ…煮え切らない悩みもありました。

昨夜2012年12月18日(月)、渋谷のE.S.P TRICKSTAR 入江隊長主催で、自分の送別会を兼ねた「忘年会 2012」を開いてくれました。参加メンバーは、日頃一緒に遊んでいる(仕事している)レゲエ裏方さんたち約30名!

本日2012年12月11日、東京・恵比寿で開催のTOWA TEI初の個展「ecollage」へ行って来ました。TOWA TEI(テイ・トウワ)とは、ハウス系の音楽クリエイター。またま東京展最終日に、Fashionsnap.comさんのツイートでその情報を知り、慌ててその日の内に行って来ました。

震災から約2ヶ月。仲間を想う気持ちから、支援活動を続けるLEO君のまわりには自然発生的に多くの人が集まっていました。東北、関東、日本、そして世界。
最高の音楽ジャンルはレゲエ。その理由とベスト盤。

曲の意味や歴史を理解するにつれ、レゲエがだんだん人生の教科書へとなって行きました。

SNS