映画

映画

北野武、若き映画監督へアドバイス。不真面目になれ、嫌いなものも認めろなど。

今朝、テレビ番組ですげー良いこと言ってたんだけど、録画しそびれたので、各ニュースサイトより北野武さんのコメントを拾い集めました。
漫画「ヒミズ」。見事な映画化に感激!中3住田の葛藤する精神を描ききる。

マンガの映画化やドラマ化。原作を忠実に再現しようとするあまりチカラが入る過ぎるのか、どことなく微妙感が漂い、ガッカリした経験がある方、案外多いのではないでしょうか。しかし……
食べるラー油大ブームの源流は夫婦愛だった。映画「ペンギン夫婦の作りかた」。

先に結論言います。感動しました…。ホッコリと心が温まり、人生って良いな、夫婦って良いな、愛のチカラって素敵だな、と。
映画「硫黄島からの手紙」から、領土問題と戦争と平和を学ぶ。

日本は戦後68年、いまだに「この島はどちらの国の領土か?」というに問題で近隣諸国との対立しています。ただし、日本は憲法9条で『戦争の放棄』を規定していますので、武力による対立ではなく、それらは話し合いなどの駆け引きで進められています。
誰もが夢みるタイムスリップ!映画「ミッドナイト・イン・パリ」に狂喜乱舞。

誰しも一度は妄想した事があるのではないでしょうか?自分好みの黄金期時代へのタイムスリップ!
今さら初ジブリ映画。「天空の城ラピュタ」に大感動!

訳あってずっと避けて来たスタジオジブリの映画を、今になって初めて観ました。
悩みなんて一瞬で吹き飛びます!映画「最強のふたり」で生きている楽しさを実感する。

すごく良かった!最高に素晴らしい映画です。一言にまとめてしまうと『友情と愛』という、非常にベタなまとめになってしまうんだけど、それを聞いて連想する《友達同士の堅い絆》と《愛する女性への想い》なんかとは、また違う。
インスタグラムのような、映画「しあわせのパン」。幸せな気分がずーっと続きます。

美しい写真、Instagramを散策しているような気分になれる映画です。映画の内容自体は特別なんてことは無いのに、良い。とても良い。それが折り重なるように続いて、すごく良い。優しい気分になって、「あぁ〜良いなぁ!」という気分になりました。
サッチャー元英国首相死去。映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」をみて。

世界でもっとも有名な女性首相、マーガレット・サッチャー英国元首相。2013年4月8日、彼女の死がニュースとなった。ロンドン市内のホテルで起きた脳卒中が死因という。サッチャー元首相の姿をしばらく見ないと思っていたら、2002年頃より病気を患っていたそうだ。享年87歳。ご冥福お祈り申し上げます。
大人がしっとりと涙する恋愛映画「今度は愛妻家」。

映画のタイトルやジャケットの印象から、詩的で大人しい映画をイメージしていたのだが、「あれ?これは思っていたのとは違うぞ。なかなか楽しい!」と、洒落たドラマをみるような気分でグイっと引き寄せらてゆく。しかし、話は途中から一転…。
人生の魅せ方が最高!映画「ノーウェアボーイ」で、クリエイターの腕前に感嘆。

映像、文章、写真、絵、企画…。クリエイターとしてのセンスは、どう切り取るのか。どの角度で、どう表現して、どう魅せたいか。部屋にレンタルDVDが転がっていたので、なんとなく再生してみた。
映画「フィッシュストーリー」。オチ予測不能。風が吹けば桶屋が儲かる的、痛快ムービー!

セックス・ピストルズがデビューする1年前、日本のパンク・バンド逆鱗が歌った曲がキーになり、時代を超えた様々なドラマが展開するストーリー。

SNS