人に媚を売るなら死んだ方がまし! 北野武「超思考」をキンドルで購入、iPhoneで読書。

人に媚を売るなら死んだ方がまし! 北野武「超思考」をキンドルで購入、iPhoneで読書。

by -
takeshi-kitano-choushikou-kindle

Kindleで北野武「超思考」の電子書籍版を買って、さっき読み終わった。めちゃくちゃ面白い!

たけし氏はテレビ出演、映画監督、芸術など多岐にわたって活動しているので、恐らくかなり多忙な日々。文章化したのは本書に構成と明記されている石川拓治氏なんだと思うが、伝えたい内容については当然たけし氏の思案なのだろう。

本書は「医療」「政治」「生命」「食」「老後」「夢」「芸術」など、たけし氏がテーマごとにザクリとぶった斬る。北野武の超思考全19考が詰まったコラム集だ(2011年出版)。

北野武「超思考」Kindle電子書籍版(iPhoneアプリ)


超思考 (幻冬舎文庫)

超思考 (幻冬舎文庫)

posted with amazlet at 14.08.25
北野 武
幻冬舎 (2013-08-01)
売り上げランキング: 68,331

迎合しない、たけしさんらしさ。

ちょうどこの本を読んでいるタイミングで、アイス・バケツ・チャレンジいうのが話題になっていて、それにたけし氏が声明を発表していた。アイス・バケツ・チャレンジとは、筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の研究を支援するために、指名された人は「氷水を頭からかぶるか」「支援協会に寄付をするか」を選ぶ、という突然世界中に伝播した謎のキャンペーン。

チャレンジをこなした者は、次のチャレンジャーをさらに3名指名するので、あっと言う間に世界中に広がったという訳だ。多くの者が、氷水もかぶるし、寄付もする、という選択をしていた。


「オレのとこにもそのうち(指名が)くると思うけど、オレはやんないよ。お金も払わない」ときっぱり拒否した。アイス活動で、筋萎縮性側索硬化症についての認知が広がることについては理解を示した上での発言。

「オレは熱湯に入って金もらう方だから。なんで、冷たいの(かぶるの)。おいらは熱湯に入ってお金とる方だから、主旨が違う」とユーモアをまじえて拒否理由とした。

たけし 氷水拒否 その理由は…:デイリースポーツより一部引用


 

本書「超思考」の第16考に『俺の絵は売らない』というコラムがある。

この中で、『俺(北野武)の絵が海外でも評価されているのは、絵を描いて小銭を儲けようという気持ちが無いからじゃないか』という話が出てくる。もし儲けようなんて思っていたら、他人に気に入られようと『迎合』する必要があるので、つまらなくなっていただろう。こんな考え方になった理由は、子どもの頃、母親に「人に媚を売るなら、死んだ方がまし」と教えられてきたから、とある。

アイス・バケツ・チャレンジのニュースを見ながら、「あぁ、たけしさんらしいな。一見毒づいているようだけど、実は人に媚を売っていると思われるのがイヤな恥ずかしがり屋で、人の見ないところで良い事をしているのだろう」という気になった。たけし氏は支援するとは何も言っていないが、何も言わずしてそう思わせるところがたけし氏の魅力のひとつだ。

夢を売るバカ、探すバカ。

夢を売るバカ、探すバカ。

世の様々な事に対してのたけし氏の思考が知れる本書「超思考」だが、第6考「夢を売るバカ、探すバカ」は特におもしろかった。エンタテインメント業界の裏側の端くれにいる自分にとって、なるほど、やはり、と思える部分が多かったからだ。

芸人は、かつて芸を売っていたが、今は一発芸でバカ売れして、半年から1年で消えて行く。テレビに出るだけで大喜びしている若者なので、たいしたギャラを払うこともない。テレビ局に引っ張りだこになって、地方もまわって、さすがにもうちょっとギャラを貰ってもいいんじゃないかと考えるようになった頃には、もう飽きられている。事務所は稼ぐだけ稼いでギャラが上がる前に使い捨て出来るし、テレビ局は安い出演料で視聴率も稼げる。さらに、テレビに出たい若者がいる限り、若者からお金をとって芸人にしてやるというビジネスも出来る。

これは芸人に限らず、自分探しとやらにうつつを抜かしている若者は搾取されていると、いう話題。

こういう状況をどうすれば切り抜けることができるのか? たけし氏はチャンスに変える事も出来ると言う。その続きについては、ぜひ本書を読んで頂きたい。


超思考 (幻冬舎文庫)

超思考 (幻冬舎文庫)

posted with amazlet at 14.08.25
北野 武
幻冬舎 (2013-08-01)
売り上げランキング: 68,331

キンドル本は、iPhoneやAndroidでも読めますよ。

でもAmazonで電子書籍を買うには、専用の端末Kindle(キンドル)を買わないと行けないと思っている方も多いと思いますが、iPhone、iPad、iPod touchといったiOS、そしてAndroidやSamsungのスマートフォンやサブレットPCでも、無料のKindleアプリをインストールすれば、電子書籍をKindleストアから購入することが出来ます。

品数も多いし、セールも頻繁だし、電子書籍はKindleがやっぱり断トツ一番ですね。また、アプリの使い勝手も悪くないですよ。

詳しくはコチラから。
Kindle 無料アプリKindle 人気ランキングKindle セール本一覧