鎖国の日本が、なぜ世界中と戦争したの? キンドル「図解シリーズ」100円均一セール。

鎖国の日本が、なぜ世界中と戦争したの? キンドル「図解シリーズ」100円均一セール。

by -
鎖国の日本が、なぜ世界中と戦争したの? キンドル「図解シリーズ」100円均一セール。

今年2015年は、1945年の終戦から70年目の節目。ということで、安倍首相の戦後70年談話や、メディアの戦後70年特集に限らず、あらゆるところで『戦中、戦後の日本』について語られています。

「戦争の悲惨さ」や「焼け野原からの復興」など、戦時中から戦後にかけての知識は、程度の差はあれ、多くの方が知っていることでしょう。

しかし、本当に知っておきたい日本の歴史は、もっとさかのぼった「幕末・明治維新」から、現代にいたるまでの流れ。これをひとつの大きな流れとして把握しておきたいところです。江戸時代、鎖国をしていたため海外とほとんど触れ合ってこなかった日本が、なぜ外国と戦争するようになったのか。

もちろん、学校で歴史を習ったので、「日清戦争」「日露戦争」「第一次世界大戦」「第二次世界大戦」と、大きな戦争の流れがあったことくらいは知っているでしょう。しかし、小中高生の頃に学校で習うのと、大人になってから歴史を知るのとでは、理解度や見え方が変わってくる。

なぜ、韓国や中国は日本を嫌っているのか。北朝鮮の日本人拉致問題はなぜ起きたのか。なぜ北方領土問題が起きているのか。なぜ沖縄にアメリカ軍の基地があるのか。平和を維持するのって、そんなに難しいの?

など、歴史を大きなスパンで俯瞰(ふかん)することで、今起きている問題がもっと深く知れるようになるのです。さらに、「私は、こう思う」と、自分自身の考えが持てたり、「なぜ、そうするのだろう?」と、疑問が湧きてきたりもする。

自分の中から、こういう考えが湧き出てくるのは、とても面白いのです。

 

NHKの大河ドラマは「幕末」、朝ドラは「戦後の復興」。

僕は、NHKの大河ドラマと朝ドラが好きで、よく見ています。

しかし、またか……と思えるほど「幕末」と「戦後の復興」がテーマになることが多く、ポカンと「日本帝国主義」が抜けているのです。日本帝国主義とは、明治維新から日本の敗戦までの、日本のいわるる軍国的な主張や考え方のことです。

大河ドラマと朝ドラといえば、日本の国民的ドラマ。この影響で幕末や戦後復興は詳しくても、帝国主義だった頃の日本はあまりよく知らない、という方も多いでしょう。

大人になってからは、「この時代の日本の歴史を積極的に学ぼう!」という意識がないと、あまり知らないまま年を重ねてしまうと思います。

小難しく「大人になってもちゃんと勉強しろよ」というつもりではありません。先に述べたように、歴史を知ると今が見えてきて、とても面白くなるのです。

図解シリーズが、100円セール(Kindle版)。

「人生を楽しみ、今を楽しむ」を掲げる出版社、西東社の「図解シリーズ」が、Amazonにてキンドル版(電子書籍)が100円セールをやっています。800円ほどする本が、全41タイトルが100円均一という大セール。

キンドル本は、キンドル専用の端末を持っていなくても読むことができます。iPhone、iPadやAndroidは専用のアプリがありますし、WIndowsやMacも専用アプリやブラウザで読めるリーダーが用意されています。

セールは9月10日まで。この機会に歴史を改めて勉強してみてはいかがでしょうか!

 

*リンク先では、購入前の事前確認として中身の一部を見ることができます。


図解 日本史 歴史がおもしろいシリーズ
西東社 (2014-02-07)
売り上げランキング: 3

ビジュアルワイド 図解 日本史
西東社 (2014-08-06)
売り上げランキング: 99

オールカラーでわかりやすい! 日本史
西東社 (2014-08-06)
売り上げランキング: 143

図解 太平洋戦争 歴史がおもしろいシリーズ
西東社 (2014-02-07)
売り上げランキング: 23

オールカラーでわかりやすい!太平洋戦争
西東社 (2015-07-01)
売り上げランキング: 95

図解 幕末・明治維新 歴史がおもしろいシリーズ
西東社 (2014-02-07)
売り上げランキング: 31

オールカラーでわかりやすい!幕末・明治維新
西東社 (2014-11-04)
売り上げランキング: 126

 

世界の歴史も。


図解 世界史 歴史がおもしろいシリーズ
西東社 (2014-02-07)
売り上げランキング: 2

図解 世界の宗教 歴史がおもしろいシリーズ
西東社 (2014-02-07)
売り上げランキング: 25

オールカラーでわかりやすい! 世界の宗教
西東社 (2015-06-02)
売り上げランキング: 68

<最後にひとこと>
日本が帝国主義だった時代のドラマや特集が少ないのは、何らかの圧力があるんでしょうかね。 戦争へと突き進む時代を描いた大河ドラマをみてみたいです。