人に喜んで頂ける仕事道。建築デザイナー神谷利徳著「繁盛論」に感激!

人に喜んで頂ける仕事道。建築デザイナー神谷利徳著「繁盛論」に感激!

by -

繁盛論 “人が集まる”7つの流儀 (アスキー新書) 神谷 利徳
「人に喜んで頂ける仕事がしたい!」:☆☆☆☆☆

繁盛論 “人が集まる”7つの流儀 (アスキー新書) [新書] 神谷 利徳


 

素晴らしい!
読み終えたとき、感激で打ち震えました。

本書はカリスマと称される神谷デザイン事務所、神谷利徳氏による「繁盛論」。流行るお店づくりについて書かれた本だ。

「北野は飲食店でもはじめるのか?」

「いいえ」

徹底したお客様視点をもった方の著書があると聞いて、この本を探したのだ。

出版は2009年12月。約4年前のビジネス書だが、渋谷の大型書店はじめ、5,6軒まわっても見つからない。すぐにでも読みたくて書店へ出向いたのに、結局Amazonで購入した。

買って大正解だった。

あたなのその視線、どの方角を見つめていますか?

人から「どうやったら文章が上手くなりますか?」など質問を頂く事が、最近、ありがたくも度々ある。

そんな時は、こう答えている。

「徹底的に、読んで頂く方の、為になるように書くこと」。

自分の自慢をひけらかす為に書くのではない。依頼を受けた編集部に気に入ってもらうように書くのではない。取材したアーティストやお店などに気に入ってもらうために書くのではない。全ては、読んで頂く方のために書く。

読んで頂いた方の心を打つことが出来たならば、結果的にみんなの喜びにつながる、と。

僕は10年前、「レゲエという楽しい音楽があるよ!」と多くの人に知ってもらいたくて、Yellow Jamaicanというニュース・ブログをはじめた。以降、ぶれる事無く「クリックしてページを開いてくれた読者の方々が楽しんでもらえるように」を意識して、コンテンツを制作しつづけている。

■Swingin’Thinkin’関連リンク
→ 【生き抜くヒント】TUCKER、ロットン、CHEHON、BURN DOWN、SOUND MISSIONからのメッセージ。
座右の銘「旨いモン食わしたろ」

そして、今から2年ほど前、経営コンサルタント小宮一慶さんの本に出会い、自分のモヤっとした考え方が、クリアに晴れ渡った。

それが、「徹底的なお客様視点」だ。

徹底したお客様視点を持つ建築デザイナー。

さて、本書「繁盛論」は、建築デザイナー神谷利徳さんの本だ。

感嘆のため息が止まらないほど、素晴らしい。
徹底的にお客様と向かい合いながら、仕事を遂行している。

例えば第一章。ここではクライアントとの打ち合せについて書かれているが、まるで『インタビュアーの極意』を解説するがごとく、お客様との話し方について書かれている。求めていることを把握し、さらに、クライアント本人すら気づいていない、心の中に秘めた理想まで追求してゆく。

繁盛論 “人が集まる”7つの流儀 (アスキー新書) [新書] 神谷 利徳

本の構成にも、神谷さんの真摯な姿勢が溢れている!

神谷さんは、なぜ建築デザインの仕事をはじめたのか?
この経緯が面白い。

しかし本書は、その《ナイスつかみ》として活用出来る『神谷さんのコト』を最終章に持って来ている。

この辺りも謙虚というか、鮮やかで、心地よい。

僕だったら、つい最初に持って来て、まずは読者の気を引こうとしていただろう。だけど、あえてそれをしないのは、「神谷さんらしいと」読み終えてから思う。


繁盛論 “人が集まる”7つの流儀 (アスキー新書)

神谷 利徳 アスキー・メディアワークス 2009-12-09
売り上げランキング : 59646

by ヨメレバ

本書は、これから飲食店をはじめる方にぜひ読んでもらいたい本だ。

しかし、それだけではない。「私は仕事を通じて、人に喜んで頂きたい!」。そう願って頑張っている人達にも、ぜひオススメしたい。


<最後にひとこと>
最後の「あとがきにかえて」までもが素晴らしい。目頭が熱くなってゆき、思わず男涙が…。

個人的に殿堂入り本です。